PR

【PayPayカード】申し込みをキャンセルする方法【手順や注意点を解説】

PayPayカード

PayPayカードの申込みをキャンセルしたい場合、どうすればよいのでしょうか。

この記事では、PayPayカードの申込みキャンセルに関する手順や注意点を詳しく解説します。

本記事を読むことで、キャンセルの手順や注意点が理解でき、スムーズにキャンセルすることができます。

ぜひ最後まで、読み進めてください。

【PayPayカード】申込みをキャンセルしたい時の対処方法【手順を詳しく解説】

  • PayPayカードの申込みキャンセルする手順
  • 申込みのキャンセルを行う最適なタイミング
  • キャンセルできているかを確認する方法
  • PayPayカード:審査中のキャンセルは可能?

PayPayカードの申込みキャンセルする手順

PayPayカードの申込みをキャンセルするには、以下の手順で行います。

1. PayPayカードのお問い合わせ窓口に電話する

PayPayカードのお問い合わせ窓口は、以下のとおりです。

  • 電話番号:0120-999-010
  • 受付時間:9:00~18:00(年中無休)

お問い合わせ窓口に電話をしたら、ガイダンスに従って「3:解約」を選択します。

その後、オペレーターに申込者氏名と電話番号を伝え、キャンセルの旨を伝えます。

2. オペレーターから指示された手続きを行う

オペレーターから、キャンセルの確認や必要書類の提出などの指示を受けます。指示に従って手続きを行いましょう。

必要な書類は、次のとおり。

  • 本人確認書類(運転免許証、パスポート、マイナンバーカードなど)
  • 申込書(申込時に送付されたもの)

3. キャンセル完了の確認

オペレーターからキャンセル完了の旨の連絡を受けます。

連絡を受けたら、キャンセル手続きは完了です。

申込みのキャンセルを行う最適なタイミング

PayPayカードの申込みをキャンセルする場合、最適なタイミングは申込み完了後、カードが発行される前です。

カードが発行されると、カード番号や有効期限などの情報が登録され、利用可能になります。

そのため、カードが発行された後にキャンセルすると、年会費などの費用が発生する可能性があります。

PayPayカードの申込み完了後、カードが発行されるまでの期間は、申込み内容や審査状況によって異なります。一般的には、申込みから1週間程度でカードが発行されます。

そのため、PayPayカードの申込みをキャンセルする場合は、申込み完了後、1週間以内に手続きを完了することをおすすめします

キャンセルできているかを確認する方法

PayPayカードの申し込みをキャンセルした場合、キャンセルが完了しているか確認する方法は以下のとおりです。

1. PayPayアプリで確認する

PayPayアプリで確認する方法は、以下のとおりです。

  1. PayPayアプリを起動
  2. 画面下部から「カード」をタップ
  3. 「PayPayカード」をタップ
  4. 「審査状況を確認する」をタップ

審査状況画面が表示されます。審査中の場合は「審査中」、キャンセルが完了している場合は「キャンセル済」と表示されます。

2. 会員メニューで確認する

会員メニューで確認する方法は、以下のとおりです。

  1. PayPayアプリを起動する
  2. 画面右上の「プロフィール」をタップ
  3. 「会員メニュー」をタップ
  4. 「カード」をタップ

カード情報画面が表示されます。カード番号が表示されていない場合は、キャンセルが完了している可能性があります。

3. 電話で確認する

電話で確認する方法は、以下のとおりです。

  1. PayPayカードのカスタマーセンターに電話をする
  2. 自動音声案内に従って、オペレーターに繋ぐ
  3. オペレーターに「申し込みのキャンセルが完了しているか確認したい」と伝える

オペレーターがキャンセルの状況を確認し、完了している場合はその旨を教えてもらえます。

PayPayカード:審査中のキャンセルは可能?

PayPayカードの審査中は、まだカードの発行が確定していない状態です。そのため、審査中のキャンセルは、カードの発行を完全に取り消すことが可能です。

キャンセルのタイミングは、申し込みから審査結果の連絡までの間です。審査結果の連絡後、カードが発行された場合は、キャンセルすることはできません。

 

PayPayカードの申込キャンセルの影響と注意点

  • PayPayカードの申込みキャンセルの影響
  • キャンセルを避けるための予防策
  • PayPayカードの申込みのキャンセルする時の注意点

PayPayカードの申込みキャンセルの影響

PayPayカードの申込みキャンセルの影響は、大きく分けて以下の3つです。

信用情報に傷がつく可能性がある

クレジットカードの申し込みとキャンセルは、信用情報機関に記録されます。信用情報機関とは、個人の借入状況や返済状況などの情報を記録する機関です。

クレジットカード会社は、この信用情報を基に審査を行います。

短期間で複数のクレジットカードに申し込み、キャンセルを繰り返すと、信用情報に「異動情報」が登録されます。

異動情報とは、クレジットカードの支払いが遅延したり、債務整理をしたりした場合に登録される情報です。異動情報が登録されると、審査に通りにくくなる可能性があります。

入会特典が適用されない

PayPayカードには、新規入会特典としてPayPayボーナスやポイントプレゼントなどがあります。

しかし、カードが発行される前にキャンセルした場合は、これらの特典が適用されません。

同一カードの再契約が難しくなる可能性がある

PayPayカードをキャンセルした場合、同じカードを再契約するのが難しくなる可能性があります。

クレジットカード会社は、キャンセル履歴のある人を「申し込みブラック」とみなす場合があります。

申し込みブラックとみなされると、審査に通りにくくなる可能性があります。

キャンセルを避けるための注意点

PayPayカードの申し込みは慎重に行いましょう。

申し込み前に、自分の収入や支払い能力を十分に考慮し、本当に申し込む必要があるかどうかを判断することが大切です。

また、申し込みをした場合は、キャンセルをしないことが重要です。

万が一、申し込みをキャンセルする必要がある場合は、早めにクレジットカード会社に連絡しましょう。

クレジットカード会社によっては、申し込みのキャンセル期限を設けている場合もあります。

PayPayカードの申込みのキャンセルする時の注意点

PayPayカードの申込みをキャンセルする場合は、以下の点に注意が必要です。

1. カードが発行される前にキャンセルする場合

カードが発行される前にキャンセルする場合は、PayPayカードのWebサイトから手続きできます。

カードが郵送される前にキャンセル手続きを完了すれば、カードは発行されません。

2. カードが発行された後にキャンセルする場合

カードが発行された後にキャンセルする場合は、PayPayカードのコールセンターに電話して手続きする必要があります。

カードが発行された後も、キャンセルは可能ですが、カードの利用代金の請求がすでに発生している場合は、請求額の支払いが必要です。

3. キャンセル後の処理

キャンセルが完了すると、PayPayカードの利用明細にキャンセル明細が表示されます。

キャンセル明細は、利用月に該当の明細にマイナス表示されます。

4. 信用情報への影響

PayPayカードの申込みをキャンセルしても、信用情報に傷がつくことはありません。

ただし、短期間で複数のクレジットカードの申込みをキャンセルすると、信用情報にマイナスの影響を与える可能性があります。

PayPayカードの申し込みをキャンセルする方法:まとめ

PayPayカードの申込みをキャンセルする場合は、以下の手順で手続きを行いましょう。

  • 電話またはWebで問い合わせる
  • 申込み内容を確認する
  • キャンセルの意思を伝える

申込みをキャンセルすると、審査に通過してもカードが発行されません。また、審査に落ちた後でも、カードが発行されるまでにキャンセルをすれば、カードは届きません。

PayPayカードの申込みを検討している方は、慎重に検討した上で申し込むようにしましょう。

【関連記事】

【PayPayカード】有効期限が書いてない!【安心して使うための確認方法】

PayPayカードの審査は夜中・土日でもOK?時間帯や混雑日時、審査結果を早く知る方法

【PayPayカード】オペレーターと話したい時の対応方法【トラブルの解決方法】

【PayPayカード】オペレーターと話したい時の対応方法【トラブルの解決方法】

コメント