PR

【PayPayカード】強制解約後の支払いについて徹底解説!

PayPayカード

PayPayカードは、PayPayと連携したクレジットカードです。便利なサービスが充実しており、多くの人に利用されています。

しかし、利用状況によっては、強制解約される可能性があります。

強制解約された場合、支払いはどうなるのでしょうか?また、請求金額の確認方法や、強制解約された後の対応方法などについても知っておく必要があります。

この記事では、PayPayカードの強制解約後の支払いについて、分かりやすく解説しています。

ぜひ最後まで、読み進めてください。

【PayPayカード】強制解約後の支払いと請求確認方法

  • PayPayカードの強制解約されたら、支払いはどうなる?
  • PayPayカード:強制解約後の請求金額の確認方法
  • PayPayカードが強制解約される理由

PayPayカードの強制解約されたら、支払いはどうなる?

PayPayカードの強制解約後も、支払い残高は引き続きリボ払い・分割払いで請求されます。

ただし、滞納期間が3ヶ月以上になると、訴訟や差押えの強制執行がされる可能性があるため、早めに支払いの再開を検討する必要があります。

支払い残高の請求

PayPayカードの強制解約は、支払い遅延が2〜3ヶ月程度続いた場合に行われます。強制解約されると、カードは使えなくなり、貯めたポイントも失効します。

また、付帯するETCカードも使えなくなります。

支払い残高は、強制解約後も引き続きリボ払い・分割払いで請求されます。ただし、支払い方法の変更手続きは必要ありません。

PayPayカードから、支払い方法の変更に関する案内が届きますので、案内に従って支払いを行います。

なお、PayPayカードの利用停止期間中に、通信料金や公共料金などの継続的なお支払いに登録していた場合は、ご自身で各サービス会社へ支払い方法変更の手続きを行ってください。

3ヶ月以上の滞納で、訴訟や差押えの可能性あり

支払い遅延が3ヶ月以上続くと、カード会社や債権回収会社が裁判所に申立て、裁判や財産の差押えが執行される可能性があります。申立てが裁判所に受理されると、簡易裁判所や地方裁判所から「特別送達」という特殊な郵便で訴状や支払督促が届きます。

訴状や支払督促が届いたら、期日までに異議を申し立てるか、支払いを行う必要があります。異議を申し立てても、裁判所で敗訴すると、差押えの強制執行が行われます。

差押えの対象となるのは、給与や預貯金、不動産などです。差押えが行われると、生活や資産に大きな影響を与える可能性があります。

支払いの再開を検討する

そのため、PayPayカードの支払いを滞納している場合は、早めに支払いの再開を検討することが大切です。

支払い方法の変更手続きや、弁護士への相談など、状況に応じた対応をしましょう。

PayPayカード:強制解約後の請求金額の確認方法

PayPayカードの強制解約後の請求金額は、次の2つの方法で確認できます。

方法1:PayPayカードのウェブサイトから確認する

PayPayカードのウェブサイトにログインし、会員メニューの「管理」から「解約済みカードの確認」を選択します。解約済みのカードを選択し、「利用明細を見る」をタップすると、利用明細が表示されます。

利用明細の「ご請求金額」欄に、支払い残高と遅延損害金などの合計金額が表示されます。

方法2:PayPayカードから郵送される請求書で確認する

PayPayカードから郵送される請求書にも、支払い残高と遅延損害金などの合計金額が記載されています。

なお、PayPayアプリ経由で入会した場合は、会員メニュー(ウェブ)を利用できません。その場合は、郵送される請求書で確認する必要があります。

PayPayカードが強制解約される理由

PayPayカードが強制解約される主な理由は、支払い遅延です。

PayPayカードの利用規約では、支払日から2ヶ月以上、3回以上の支払いを滞納した場合、カードが強制解除となると定められています。

支払い遅延が続くと、カード会社は利用者に対して督促状を送付します。それでも支払いがない場合、利用停止や強制解約の措置が取られます。

支払い遅延には、主に以下の3つの原因があります。

  • 収入減少
  • 支出の増加
  • 支払い意欲の低下

収入減少や支出の増加など、経済的な理由で支払いが滞ってしまうケースもあります。しかし、支払い意欲の低下による支払い遅延は、カード会社にとって最も問題視されるものです。

カード会社は、利用者の支払い能力を審査した上で、カードの発行を行っています。

しかし、支払い意欲が低い利用者の場合、たとえ支払い能力があっても、カードの利用を継続することが難しいと判断されるのです。

PayPayカードが強制解約された後の対処方法

  • PayPayカードを強制解約されたら、どうすればいいですか?
  • PayPayカードの強制解約後、PayPayは使えますか?
  • 強制解約後に再契約は可能?

PayPayカードを強制解約されたら、どうすればいいですか?

PayPayカードを強制解約されたら、以下の3つの手続きが必要です。

  1. 支払い残高の一括返済
  2. 信用情報機関への登録
  3. 他社カードの利用再開

順に説明します。

1. 支払い残高の一括返済

強制解約の時点で、カード利用代金の未払いがある場合は、その全額を一括で返済する必要があります。

支払い方法は、PayPayカードのWebサイトやアプリから、またはPayPayカードのコールセンターに電話して手続きを行います。

支払いが遅れたことによる遅延損害金や延滞金も発生している場合は、それらも合わせて返済する必要があります。

2. 信用情報機関への登録

強制解約は、信用情報機関に事故情報として登録されます。事故情報は、通常5年間は登録され、その期間中は他のカード会社や金融機関からの審査に通りにくくなります。

事故情報の削除は、支払い残高の完済と、その後一定期間(通常6~12か月)の延滞がないことを確認された場合に、信用情報機関から手続きを行うことができます。

3. 他社カードの利用再開

信用情報機関に事故情報が登録されている場合、他のカード会社や金融機関からカードの審査に通るのは難しくなります。

しかし、事故情報の登録期間が過ぎて、延滞がないことを確認された場合は、再びカードの利用を開始できる可能性があります。

PayPayカードの強制解約後、PayPayは使えますか?

PayPayカードは、PayPayの決済手段のひとつである「PayPayカード」と、PayPayの残高をチャージするための「PayPay残高」で構成されています。

PayPayカードが強制解約された場合、「PayPayカード」は使えなくなり、チャージもできません。そのため、PayPay残高で支払うこともできません。

ただし、PayPay残高はそのまま残ります。PayPay残高を利用する場合は、別のクレジットカードや銀行口座からチャージする必要があります。

また、PayPayカードが強制解約された場合、PayPayの各種特典も利用できなくなります。例えば、PayPayカードで支払うと付与される「PayPayボーナス」は、強制解約後は付与されません。

PayPayカードが強制解約された場合、PayPayの信用情報に「クレジットカードの強制解約」という情報が残ります。この情報は、クレジットカードの再審査に影響する可能性があります。

したがって、PayPayカードの強制解約を回避するためには、毎月の支払いを滞りなく行うことが重要です。

強制解約後に再契約は可能?

強制解約されたPayPayカードは、再契約できるのでしょうか。

結論から言うと、再契約は可能です。しかし、強制解約の原因や、再契約時の審査結果によっては、再契約が難しい場合もあります。

強制解約の原因が、支払い遅延や利用停止など、カード会社の規約違反によるものであれば、再契約が難しいと考えられます。なぜなら、カード会社は、規約違反を起こした人を再び顧客に迎え入れるリスクを嫌うからです。

一方、強制解約の原因が、カードの紛失や盗難、またはカード会社側のシステムエラーなど、カード会社に責任があるものであれば、再契約の可能性は高くなります。

なぜなら、カード会社側の責任による強制解約は、カード会員に過失がないことがほとんどだからです。

また、再契約時の審査結果も、再契約の可否を左右します。審査では、カード会員の収入や勤続年数、信用情報などを審査されます。

強制解約の原因が、支払い遅延や利用停止など、カード会員の信用情報に傷が残っている場合、再契約が難しくなる可能性があります。

【PayPayカード】強制解約後の支払い方法を解説:まとめ

PayPayカードの強制解約後の支払いについて、詳しく解説しました。

支払い遅延やカードの不正利用など、強制解約の原因となる行為をしないように、注意しましょう。

もし、強制解約された場合は、早めに対処して、再契約を目指しましょう。

この記事を参考に、PayPayカードを安全に利用してください。

【関連記事】

【PayPayカード】年齢詐称で申込むと、リスクがあります【正直が一番】

【解決】PayPayカードの引き落としできなかった時の緊急対応【 原因と対処法を徹底解説】

PayPayカードの申し込みが進まない場合の対策【エラーの原因と解決方法を徹底解説】

コメント