PR

繰り上げ返済でPayPayカードを賢く使う!手数料とメリットを徹底解説

PayPayカード

PayPayカードを利用していると、ついつい利用額が増えてしまうこともあるでしょう。

そんなときは、繰り上げ返済を検討してみてはいかがでしょうか。繰り上げ返済をすることで、支払額を減らすことができ、利息の負担も軽減できます。

この記事では、PayPayカードの繰り上げ返済について、手順やメリット、注意点などを詳しく解説しています。

この記事を読むことで、繰り上げ返済のメリットを理解し、賢く節約することができるようになります。

ぜひ最後まで、読み進めてください。

PayPayカードの繰り上げ返済で賢く節約!手数料とメリットを徹底解説

  • PayPayカード繰り上げ返済の手順
  • 繰り上げ返済の反映タイミング
  • PayPayカード:繰り上げ返済のメリット

PayPayカード繰り上げ返済の手順

PayPayカードの繰り上げ返済は、以下の手順で行います。

  1. 有人チャットまたは電話で申し込む
  2. 振込先と金額を確認する
  3. 指定日までに振り込む

順に説明します。

手順1:有人チャットまたは電話で申し込む

PayPayカードの繰り上げ返済は、有人チャットまたは電話で申し込む必要があります。

有人チャットを利用する場合、アプリの「問い合わせる」から「先に支払いたい」と入力して本人確認情報を入力します。その後、オペレーターに接続され、振込先と金額の確認を行います。

電話で申し込む場合は、カード裏面の「お問い合わせ先」に電話し、担当者に「繰り上げ返済をしたい」と伝えます。その後、振込先と金額の確認を行います。

手順2:振込先と金額を確認する

有人チャットまたは電話で申し込みをすると、オペレーターから振込先と金額の案内があります。

振込先は、PayPayカードの口座情報です。金額は、繰り上げ返済したい利用残高または全額です。

手順3:指定日までに振り込む

振込先と金額を確認したら、指定日までに振り込みを行います。

指定日は、申し込みの際にオペレーターから案内されます。

振り込みが完了すると、PayPayカードの利用明細に「繰り上げ返済」として反映されます。

繰り上げ返済の反映タイミング

PayPayカード、繰り上げ返済の反映タイミングは、入金日から約2営業日後です。

PayPayカードの繰り上げ返済は、入金が確認された翌営業日から約2営業日後に、利用可能枠に反映されます。

具体的には、以下のような流れになります。

  1. 繰り上げ返済の入金
  2. 入金の確認(翌営業日)
  3. 利用可能枠の反映(翌営業日以降)

入金の確認は、PayPayカードのシステムで自動的に行われるため、手続きは不要です。

なお、繰り上げ返済の入金は、PayPayカードの指定口座への振り込みのみが可能です。

PayPayカード:繰り上げ返済のメリット

PayPayカードの繰り上げ返済は、返済期間の短縮と利息の節約につながる有効な方法です。

PayPayカードの繰り上げ返済には、以下の2つのメリットがあります。

返済期間の短縮

繰り上げ返済をすることで、元金を早く返すことができるため、返済期間が短くなります。

例えば、10万円を36回払いで返済する場合、通常は36ヶ月かかりますが、繰り上げ返済をすることで24ヶ月で返済を完了することができます。

返済期間が短くなることで、利息の総額が減ります。利息は、元金と期間に応じて計算されるため、元金が減れば、その分利息の総額も減ります。

利息の節約

PayPayカードのショッピング利用分は、原則として15日締め、翌月26日払いとなります。そのため、引き落とし日より前に繰り上げ返済をすると、その分利息が発生しません。

例えば、1万円を15日締め、翌月26日払いで利用した場合、引き落とし日までは約11日間、元本に対して利息が発生します。

しかし、引き落とし日より前に繰り上げ返済をすると、その期間の利息が発生しません。

PayPayカードの繰り上げ返済は、WEBから手続きすることができます。手続きは簡単なので、ぜひ活用してみてください。

PayPayカード:他の返済方法との比較

  • PayPayカード:繰り上げ返済と通常返済はどっちが得?
  • PayPayカード:繰り上げ返済が可能な条件
  • 繰り上げ返済の注意点

PayPayカード:繰り上げ返済と通常返済はどっちが得?

PayPayカードは、PayPay株式会社が発行するクレジットカードです。年会費無料、ポイント還元率1%と、コストパフォーマンスに優れたカードとして人気があります。

PayPayカードの返済方法は、通常返済と繰り上げ返済の2種類があります。

通常返済は、毎月決まった金額を返済する方法で、繰り上げ返済は、通常返済とは別に、手元にある余裕資金を元金に充てて返済する方法です。

では、繰り上げ返済と通常返済、どちらが得なのでしょうか。

繰り上げ返済のメリット

繰り上げ返済のメリットは、大きく分けて2つあります。

1つ目のメリットは、利息を抑えられることです。

住宅ローンやカードローンなどの借入金には、元金に利息が上乗せされた金額を返済していきます。繰り上げ返済をすることで、元金が減るので、それに応じて利息の負担も減ります。

2つ目のメリットは、返済期間を短縮できることです。

繰り上げ返済をすることで、元金が減るので、毎月の返済額も減ります。また、残りの返済期間も短縮されます。

繰り上げ返済は、いつでも行うことができます。ただし、利息の軽減効果を最大限に得たい場合は、早めに行うことがポイントです。

一般的に、借入残高が多いほど、繰り上げ返済による利息の軽減効果は大きくなります。また、金利が高いほど、繰り上げ返済による利息の軽減効果は大きくなります。

通常返済のメリット

通常返済のメリットは、繰り上げ返済の手続きが不要なことです。

繰り上げ返済をするには、金融機関に連絡して手続きを行う必要がありますが、通常返済は、毎月の返済額を支払うだけで済みます。

PayPayカード:繰り上げ返済が可能な条件

PayPayカードで繰り上げ返済が可能な条件は、以下の2つです。

  1. 毎月の請求締切日までに、会員メニューから手続きを行う
  2. リボ払いまたはボーナス一括払いを利用している

順に説明します。

1. 毎月の請求締切日までに、会員メニューから手続きを行う

繰り上げ返済の手続きは、毎月の請求締切日までに行わなければなりません。

請求締切日は、末日です。請求締切日を過ぎると、翌月のお支払い日までに繰り上げ返済をすることはできません。

2. リボ払いまたはボーナス一括払いを利用している

繰り上げ返済は、リボ払いまたはボーナス一括払いを利用している場合にのみ可能です。翌月1回払いや分割払いを利用している場合は、繰り上げ返済はできません。

繰り上げ返済を行うことで、支払い総額を減らすことができ、金利負担を軽減することができます。また、ご利用可能枠を早めに回復することもできます。

繰り上げ返済の注意点

PayPayカードの繰り上げ返済は、原則として手数料無料ですが、締め日が到来する前に行うと、手数料が発生する場合があります。

また、約定返済は忘れずに行う必要があります。

繰り上げ返済を行うタイミングは、利息を節約したい場合は残高が多いうちに、完済までの期間を短縮したい場合は毎月の約定返済額の範囲内で、急な出費に備えたい場合は金額を抑えて行うとよいでしょう。

繰り上げ返済は、利用残高を減らして利息を節約できる有効な方法です。手数料や約定返済の点に注意して、自分に合ったタイミングで行うようにしましょう。

PayPayカードの繰り上げ返済:まとめ

PayPayカードの繰り上げ返済は、利息を減らし、支払い期間を短縮、毎月の支払い額を減らすなど、さまざまなメリットがあります。

また、PayPayカードは、繰り上げ返済に手数料がかかりません。

この記事で紹介した内容を参考に、PayPayカードの繰り上げ返済を活用して、賢く節約しましょう。

【関連記事】

【PayPayカード】再引き落としのタイミングと手順を解説【遅延損害金や信用への影響にも注意】

【PayPayカード】退会させられた原因と対処方法【退会後の注意点を徹底解説】

【PayPayカード】分割払いのやり方を確認【簡単な手順で、今すぐスタート】

PayPayカードの審査は夜中・土日でもOK?時間帯や混雑日時、審査結果を早く知る方法

コメント