PR

楽天カード審査落ちの原因と対処方法:他のカードの選び方を徹底解説

楽天カード

楽天カードの審査に落ちてしまった方は、審査落ちの原因や再申し込みの手順、他のカードの選び方など、疑問が湧いていると思います。

この記事では、楽天カードの審査基準やその他の選択肢について、詳しく解説します。

また、審査に通りやすいクレジットカードのランキングも紹介しています。

この記事を読むことで、楽天カードの審査に落ちてしまった原因を理解し、他のカードの選び方や審査に通りやすいクレジットカードのランキングを知ることができます。

ぜひ最後まで、読み進めてください。

楽天カード審査に落ちた理由と効果的な対応策

  • 楽天カードの審査基準とは?
  • 楽天カードの審査に落ちる主な理由
  • 審査落ちの通知方法と内容
  • 噂の真相:楽天カードの審査は最近厳しくなったのか?
  • 審査落ち後の再申し込みの正しい手順

楽天カードの審査基準とは?

楽天カードの審査基準は公表されていないものの、一般的なクレジットカード審査の基準に基づき、信用情報や収入、勤務先などの情報が重要な要素となります。

さらに、過去の支払い履歴や楽天グループ内での取引履歴も影響すると考えられます。

特に、過去に延滞を繰り返していた場合や、多重債務者の場合、審査に通りにくくなることが予想されます。

そのため、カード申し込み前に信用情報の確認や、過去の取引履歴を清算することが重要です。

具体的に楽天カードの審査基準を確認する

楽天カードの審査基準は、信用情報、収入、勤務先、過去の支払い履歴、楽天グループ内での取引履歴の5つが主なポイントです。

信用情報

楽天カードの審査では、申込者の信用情報が最も重要な要素となります。信用情報とは、クレジットカードやローンなどの金融取引に関する履歴が記録されたデータです。

信用情報機関に登録されている信用情報に、延滞や債務整理などの金融事故情報が記載されている場合、審査に通りにくくなります。

収入

収入は、クレジットカードの返済能力を判断する重要な要素です。安定した収入があると判断されると、審査に通りやすくなります。

ただし、収入がなくても、家族の収入や預貯金などの資産が審査の対象になる可能性があります。

勤務先

勤務先は、収入と同様にクレジットカードの返済能力を判断する要素です。

正社員や公務員などの安定した勤務先に勤めていると、審査に通りやすくなります。

過去の支払い履歴

楽天カードの審査では、過去のクレジットカードやローンの支払い履歴も審査の対象となります。

過去に延滞や滞納を繰り返していた場合、審査に通りにくくなります。

楽天グループ内での取引履歴

楽天グループ内での取引履歴も、審査の対象になる可能性があります。

楽天市場や楽天トラベルなどの楽天グループのサービスを利用しており、その履歴が良好であれば、審査に有利になると考えられます。

楽天カードの審査に落ちる主な理由

楽天カードの審査に落ちる主な理由として、まず信用情報の問題が挙げられます。

例えば、他のクレジットカードやローンの延滞履歴がある場合、大きなマイナスポイントとなります。

次に、収入が不安定であることや、申し込み時に提供する情報に不備や矛盾がある場合も審査落ちの原因となり得ます。

また、短期間に複数のカードやローンの申し込みを行っている場合、金融機関からの信頼を失う可能性があります。

審査落ちの通知方法と内容

楽天カードの審査に落ちた場合、大抵は郵送での通知となります。この通知書には、審査に通らなかった具体的な理由は記載されていないことが多いです。

しかし、再申し込みの際の注意点や、何日後に再申し込みが可能であるかなどの情報は含まれています。

審査の結果に不服がある場合や、詳しい理由を知りたい場合は、楽天カードのカスタマーサービスに直接問い合わせるとよいでしょう。

噂の真相:楽天カードの審査は最近厳しくなったのか?

楽天カードの審査は、近年、厳しくなっているとの噂がよく聞かれます。しかし、実際には、そのような事実は確認されていません。

楽天カードの審査基準は、以下の4つです。

  1. 年齢
  2. 安定した収入
  3. 過去の金融事故の有無
  4. 申込内容の信用度

これらの基準は、以前から変わっていません。

また、楽天カードの審査は、自動審査によって行われるため、審査員の裁量による差異はほとんどありません。

そのため、楽天カードの審査が厳しくなっているという噂は、誤解であると考えられます。

楽天カードは、2022年12月時点で、会員数2,500万人を突破しています。会員数が増えれば、審査に落ちる人の数も増えるため、審査が厳しくなっていると誤解される可能性があります。

また、近年、他社のクレジットカードの審査が厳しくなっている傾向にあります。そのため、楽天カードもそれに追随して審査を厳しくしていると誤解される可能性があります。

審査落ち後の再申し込みの正しい手順

楽天カードの審査に落ちた場合、再申し込みをすることは可能です。しかし、再申し込みをしてもすぐに審査に通るわけではありません。

再申し込みを成功させるためには、以下の3つのポイントを押さえることが重要です。

1. 半年以上の期間を空ける

楽天カードの審査では、信用情報機関に登録されている過去の借入状況や返済状況を審査基準のひとつとしています。

そのため、再申し込みをする場合、以前の申込履歴が信用情報機関に残っている可能性があります。この場合、審査に落ちる可能性が高くなるため、半年以上の期間を空けてから再申し込みをしましょう。

2. 審査落ちの原因を改善する

審査落ちの原因は、収入が不足している、他社からの借入が多い、などのさまざまな要因が考えられます。

審査落ちの通知を受け取ったら、まずは審査落ちの原因を把握しましょう。原因を把握したら、その原因を改善するために具体的な対策を講じましょう。

3. 良好なクレヒスを積み上げる

良好なクレヒスを積み上げることは、審査に通るための重要なポイントです。

楽天カード以外のクレジットカードやローンを利用し、返済を滞りなく行うことで、良好なクレヒスを積み上げることができます。

【楽天カード】審査落ち時の次の一手:他カードの選び方

  • 楽天カードの審査に通らなかった場合の選択肢
  • 審査に通りやすいクレジットカードTOP3
  • 速攻で立ち直る!審査落ち後にすぐ実行すべき3つのステップ
  • 楽天カードの審査落ちの影響と信用情報の確認方法

楽天カードの審査に通らなかった場合の選択肢

楽天カードの審査に通らなかった場合の選択肢は、以下の3つです。

  1. 審査に通りやすいクレジットカードを選ぶ
  2. 属性情報を良好に保つ
  3. 信用情報を良好に保つ

審査に通りやすいクレジットカードを選ぶ

楽天カードの審査に通らなかった場合、まずは審査に通りやすいクレジットカードを選ぶことがおすすめです。審査に通りやすいクレジットカードは、以下の3つの条件を満たすカードです。

  • 年会費が永年無料
  • キャッシング機能が付帯
  • ポイント還元率が高い

年会費が永年無料であれば、毎年の維持費がかかりません。キャッシング機能が付帯していれば、急な出費に備えることができます。

ポイント還元率が高いほど、利用金額に応じてポイントが貯まりやすくなります。

具体的なカードとしては、次の項目で紹介しています。

属性情報を良好に保つ

審査に通るためには、年収や勤続年数などの属性情報を良好に保つことも重要です。年収や勤続年数が高いほど、審査に通る可能性が高くなります。

また、無職やアルバイトの方でも、安定した収入があれば審査に通る可能性があります。

信用情報を良好に保つ

延滞や滞納をしないことで、信用情報を良好に保つことができます。

信用情報が良好であれば、審査に通る可能性が高くなります。

審査に通りやすいクレジットカードTOP3

楽天カードの審査に通らなかった方に特におすすめなのは以下の3つのカードです。

クレジットカードの審査は、申込者の「年収」「勤続年数」「借入状況」などの属性情報に加え、「利用履歴」「延滞歴」などの信用情報も考慮されます。

そのため、属性情報や信用情報が良好であれば、審査に通る可能性が高くなります。

その一方で、楽天カードは、年会費無料かつ楽天市場でポイント還元率が3%と高いのが魅力ですが、審査は比較的厳しめと言われています。

そのため、楽天カード以外の審査に通りやすいクレジットカードを探している方には、以下の3枚がおすすめです。

1位:ACマスターカード

ACマスターカードは、消費者金融のACマスターカードが発行するクレジットカードです。審査は最短30分で完了し、即日発行も可能です。

年会費は永年無料、利用額の0.25%が自動キャッシュバックされるなど、使い勝手の良いカードです。

2位:Tカード プラス(SMBCモビット next)

Tカード プラス(SMBCモビット next)は、カードローン会社SMBCモビットが発行するクレジットカードです。

Tポイントカードとクレジットカードの一体型で、Tポイント提携先ではクレジットカードの利用でポイントが2倍貯まります。年会費は永年無料、キャッシング機能も付帯しています。

3位:セディナカードJiyu!da!

セディナカードJiyu!da!は、クレジット会社セディナが発行するクレジットカードです。

年会費は永年無料、ポイント還元率は0.5%です。審査は、他社クレジットカードと比べて比較的審査が通りやすいと言われています。

これらのカードは、いずれも年会費が永年無料、キャッシング機能が付帯しているなど、使い勝手の良いカードです。

審査に不安がある方は、これらのカードを検討してみてはいかがでしょうか。

楽天カードの審査落ちの影響と信用情報の確認方法

楽天カードの審査に落ちると、信用情報機関に「審査落ち」としての記録が残りますが、これが他の金融機関への影響を及ぼすことは少ないです。

しかし、短期間に多数のカード申し込みを行うと、その動き自体が信用情報機関に記録されるため、注意が必要です。

信用情報の確認は、CICやJICCなどの信用情報機関の窓口や、オンラインサービスを利用して行うことができます。

【楽天カード】審査に落ちた時の他のカードの選び方:まとめ

楽天カードの審査に通らなかった方は、まずは審査に落ちた原因を理解しましょう。

審査基準や通知方法、噂についての真相など、しっかりと知識を身につけておくことで、再申し込みの際の成功率を上げることができます。

また、楽天カード以外の審査に通りやすいクレジットカードも多数存在しますので、適切な選択を行うことでスムーズなカードライフを送ることができます。

ぜひ、この記事を参考にして、自分に合ったクレジットカードを見つけてください。

【関連記事】

【楽天カード】キャッシング枠を0円設定にすると、審査に通りやすい?

楽天カードの増枠審査に落ちた!その理由と打開策を徹底解説

【楽天カードの審査に落ちた】すぐに再申し込みをするメリット・デメリット

「楽天カードの審査落ちたのに届いた」という謎:楽天カード審査を解明

コメント