PR

【楽天カードの審査に落ちた】すぐに再申し込みをするメリット・デメリット

楽天カード

楽天カードの審査に落ちたことは、多くの方にとってショックな経験かもしれません。

審査に落ちてしまった後に、多くの人が疑問に思う「すぐに再申し込みすべきか?」という問いに答えたいと思います。

この記事では、再申し込みの最適なタイミングや、その際の潜むリスク、他社クレジットカードの選択時の注意点、そして楽天カード審査落ちの影響や主な理由について深く掘り下げています。

最後に、再申し込み前に押さえておきたい対策についても触れます。

ぜひ最後まで、読み進めてください。

楽天カード審査落ち後、すぐ再申し込みするべきか?

  • 楽天カード審査落ち後の再申し込み:どのタイミングがベスト?
  • 6ヵ月後、再申し込みをおすすめする理由
  • 楽天カード審査落ち直後の再申し込み:潜むリスクとは?
  • 他社のクレジットカードを検討する時に、注意するポイント

楽天カード審査落ち後の再申し込み:どのタイミングがベスト?

楽天カードの審査に落ちた場合、審査落ち後にすぐに再申し込むのは避けるべきと言われています。

なぜなら、審査の基準は短期間で変わらないため、すぐに再申し込みをしても結果が変わる可能性は低いからです。

最も適切な再申し込みのタイミングは、一度落ちた後、約6ヵ月程度待つことが推奨されています。

6ヵ月後、再申し込みをおすすめする理由

楽天カードの審査に落ちてしまった場合、再申し込みを検討することもあるでしょう。しかし、再申し込みを行う際には、6ヶ月以上の期間を空けることがおすすめです。

その理由は、以下の2つです。

信用情報に記録される「カード会社が照会した事実」が消える

カード会社が信用情報機関に照会した事実は、照会日より6ヶ月間保管されます。

そのため、再申し込みを短期間で繰り返すと、多重申し込みをしていると判断され、審査に通りにくくなる可能性があります。

申込者の状況が変化する

6ヶ月の間に、申込者の状況は変化する可能性があります。たとえば、収入が増えたり、勤続年数が長くなったりすることで、審査に通りやすくなる可能性があります。

また、6ヶ月の間に、申込者が審査に落ちた原因を改善することもできます。たとえば、延滞や滞納があった場合は、支払いをきちんとすることで、信用情報に良い影響を与えることができます。

もちろん、6ヶ月以上経過していれば、必ず審査に通るとは限りません。しかし、審査に通る可能性を高めるためには、6ヶ月以上の期間を空けてから再申し込みを行うことがおすすめです。

楽天カード審査落ち直後の再申し込み:潜むリスクとは?

楽天カードの審査に落ちてしまった場合、すぐに再申し込みをするのは避けましょう。

審査落ち直後に再申し込みをすると、以下のようなリスクを伴います。

審査落ちの履歴が残る

クレジットカードの申込み情報は、個人信用情報機関に6ヶ月間保存されます。

審査に落ちた場合、申込み情報のみが残るため、カード会社は「この人は信用に不安がある」と判断し、再審査を厳しくする可能性があります。

再申し込み自体が審査の対象となる

一部のカード会社では、再申し込み自体が審査の対象となります。

再申し込みをすると、カード会社は「この人は他社でも審査に落ちている」と判断し、再審査を厳しくする可能性があります。

信用情報にマイナスの記録が残る

クレジットカードの申込み情報は、個人信用情報機関に記録されます。審査に落ちた場合、申込み情報は「否決」と記録されます。

この記録が残っていると、他社からの借り入れやクレジットカードの申込みが難しくなる可能性があります。

このように、楽天カードの審査落ち直後の再申し込みには、審査落ちのリスクや信用情報にマイナスの記録が残るリスクがあります。

そのため、再申し込みを検討する場合は、6ヶ月以上期間を空けて、審査落ちの原因を改善してから申し込むようにしましょう。

他社のクレジットカードを検討する時に、注意するポイント

楽天カードの審査に落ちた場合、他社のクレジットカードへの申し込みを検討することがあります。

しかし、楽天カードと他社のクレジットカードでは審査基準が異なるため、必ずしも他社カードに審査に通るとは限りません。

楽天カードの審査基準は、主に以下の3つです。

  • 年収
  • 勤続年数
  • 他社での借り入れ状況

他社のクレジットカードも、これらの基準に加えて、独自の審査基準を設けている場合があります。

そのため、楽天カードの審査に落ちたとしても、他社カードの審査に通る可能性はあります。

【楽天カード】審査落ちの理由とその後の影響

  • 楽天カード審査落ちの主な理由:避けるべきポイントとは?
  • JICC, CIC, 全国銀行個人信用情報センター:審査落ちの影響とは?
  • 楽天カード審査落ちの記録:クレジット情報への影響
  • 再申し込み前に知っておくべきこと:再挑戦のための対策

楽天カード審査落ちの主な理由:避けるべきポイントとは?

楽天カードの審査落ちの主な理由は、以下の3つです。

  • 信用情報に問題がある
  • 年収が低い
  • 短期間に複数の申し込みをする

これらの原因を避けることで、審査に通過する可能性が高まります。

具体的には、以下のような対策を検討しましょう。

信用情報に問題がある場合は、支払い延滞や債務整理を完済し、クレジットカードやローンの利用状況を改善してから申し込みをしてください。

年収が低い場合は、アルバイトや副業をして収入を増やす、家族や友人と連帯保証人になってもらうことで審査に通過する可能性が高まります。

短期間に複数のクレジットカードの申し込みをしないことも大切です。

なお、楽天カードの審査基準は公表されていないため、確実に審査に通過する方法はありません。しかし、上記のような点を参考にして、審査に落ちるリスクを減らすことは可能です。

JICC, CIC, 全国銀行個人信用情報センター:審査落ちの影響とは?

楽天カードの審査に落ちると、信用情報機関に「信用情報開示記録」として記録されます。

日本での信用情報機関は、JICC(日本信用情報機構)、CIC(シー・アイ・シー)、全国銀行個人信用情報センターの3つがあります。

楽天カードは、JICCとCICの両方に加盟しており、審査に落ちた場合、両機関に信用情報開示記録が記録されます。

この記録は、カード会社や金融機関が審査を行う際に参考にされるため、審査落ちが今後のクレジットカードやローンの審査に影響する可能性があります。

特に多重申込みや多数の審査落ちが短期間に集中すると、信用情報に「多重申込者」としてマークされることがあります。

その結果、他の金融機関での取引やクレジットカードの審査にも影響する可能性が高まります。

楽天カード審査落ちの記録:クレジット情報への影響

楽天カードの審査落ちは、信用情報機関に「事故情報」として記録されることはありません。そのため、楽天カードの審査に落ちたからといって、信用情報に傷がつくわけではありません。

しかし、審査落ちは、信用情報機関に「信用情報開示記録」として記録されます。

この記録は、カード会社や金融機関が審査を行う際に参考にされるため、審査落ちが今後のクレジットカードやローンの審査に影響する可能性があります。

再申し込みを行う際には、審査落ちの理由を改善しておきましょう。審査落ちの理由を改善することで、再審査に通りやすくなります。

再申し込み前に知っておくべきこと:再挑戦のための対策

楽天カードの審査に再度挑戦する前に、信用情報のチェックを行うことが必要です。

信用情報機関に登録されている情報に問題がある場合は、信用情報機関に開示請求をして、情報を確認しましょう。

問題がある場合は、金融事故を起こした原因を解決したり、携帯電話料金や公共料金の支払いを滞りなく行ったりするなどの対応をしましょう。

また、未払いの履歴や収入の不安定さなど、審査で不利に働く要因を改善することも大切です。

具体的な対策としては、他社のクレジットカードやローンの返済状況を正常に保つ、安定した収入を証明する書類の準備などが挙げられます。

これらの対策をしっかりと行うことで、楽天カードの再申し込みを成功させることができるでしょう。

楽天カード:審査落ち後、すぐに再申し込みする:まとめ

楽天カードの審査落ちは、あなたのクレジット情報や金融状況によるものかもしれませんが、落ち込むことなく、適切な対策とタイミングで再挑戦することが大切です。

審査情報の理解や他社クレジットカードの選択時の注意点、そして再申し込みの最適なタイミングを知ることで、次回の申し込みの成功率を高めることができるでしょう。

貴重な情報とともに、あなたの再申し込みが成功することを心から願っています。

【関連記事】

【楽天カード】引き落とし日に残高不足だった場合の対処方法

【楽天カード】カード番号をネットで確認する方法:情報を安全に管理する方法

 

 

 

コメント