PR

楽天カードの増枠審査に落ちた!その理由と打開策を徹底解説

楽天カード

楽天カードの増枠審査に落ちてしまった経験のある方は、多いのではないでしょうか。

増枠審査に落ちる理由は、収入情報の入力ミスや職業の情報提供、他社借入の影響、そして返済履歴の管理など、多岐にわたります。

この記事では、楽天カードの増枠審査における落ちる理由と、それを乗り越えるための戦略や代案、さらに楽天カードの秘密兵器やカードランクの変更による増枠戦略まで、幅広く詳しく解説します。

増枠審査に落ちてしまった方は、ぜひ本記事を参考にして、増枠審査を確実に通過させましょう。

ぜひ最後まで、読み進めてください。

楽天カード増枠審査での不合格: 原因と解決策

  • なぜ楽天カードの増枠審査に落ちるのか?
  • 増枠審査落ちで多い理由は、収入や職業の情報入力ミス
  • 返済履歴とその影響: どう管理すればよいのか
  • 他社借入の影響: 借入履歴の最適な管理方法
  • 増枠審査不合格後の最適な行動プラン

なぜ楽天カードの増枠審査に落ちるのか?

楽天カードの増枠審査に落ちる理由は、大きく分けて以下の3つです。

収入や職業などの属性が低い

楽天カードの増枠審査では、収入や職業などの属性を重視します。

収入が少なかったり、職業が安定していなかったりすると、審査に落ちる可能性が高くなります。

過去にクレジットカードの支払いを延滞したことがある

クレジットカードの支払いを延滞したことがあると、信用情報に傷が付きます。信用情報に傷があると、審査に落ちる可能性が高くなります。

他社からの借入額が多い

他社からの借入額が多いと、支払い能力に不安があるとみなされます。そのため、他社からの借入額が多いと、審査に落ちる可能性が高くなります。

 

楽天カードの増枠審査に落ちてしまった場合は、上記の理由を参考に、改善できる点がないかを検討しましょう。

収入や職業、信用情報、他社からの借入額などの属性を改善することで、審査に通過する可能性が高まります。

また、増枠申請は1年に1回までとなっています。審査に落ちてしまった場合は、1年後に再度申請することをおすすめします

増枠審査落ちで多い理由は、収入や職業の情報入力ミス

楽天カードの増枠審査では、収入や職業に関する情報の入力が非常に重要です。

これらの情報は、カードの利用限度額を決める上で重要な判断材料となるため、正確に入力する必要があります。

収入に関する情報入力ミスには、以下のようなものがあります。

  • 給与や賞与などの金額を誤入力する
  • アルバイトや副業などの収入を申告し忘れる
  • 収入の種類を誤って選択する

これらのミスは、カード会社が申込者の返済能力を正しく判断できなくなるため、審査に落ちる原因となります。

返済履歴と審査落ちの影響: どう管理すればよいのか

返済履歴は、過去のクレジットカードやローンの返済状況を示すもので、審査の大きなポイントとなります。

返済が滞っている場合や、過去に延滞があった場合は、審査に不利となる可能性があります。

返済履歴を良好に保つためには、毎月の請求金額を確認し、期限内に全額返済することが基本です。

また、オートチャージや口座振替を利用することで、返済を忘れるリスクを低減させることもできます。

他社借入の影響: 借入履歴の最適な管理方法

他社からの借入れ状況も審査に大きく影響します。多くの借入れがある場合や、返済総額が収入に対して不釣り合いな場合は、増枠審査に不利となる可能性が高まります。

借入履歴を適切に管理するためには、まず全ての借入れ状況を把握することから始めます。

必要以上の借り入れを避け、収入内での適切な返済計画を立てることが重要です。

増枠審査不合格後の最適な行動プラン

楽天カードの増枠審査に不合格となった場合、まずは審査に落ちた理由を理解することが重要です。審査に落ちた理由は、以下の3つが考えられます。

  • 収入が低い
  • 利用状況が悪い
  • 信用情報に問題がある

収入が低い場合は、増枠審査に通過するためには収入を増やす必要があります。そのためには、副業や転職などの方法で収入を増やす努力をしましょう。

利用状況が悪い場合は、利用限度額の範囲内で無理のない範囲で利用するようにしましょう。また、リボ払いや分割払いの利用を控え、一括払いでの利用を心がけることも大切です。

信用情報に問題がある場合は、信用情報機関に登録されている情報を確認して、問題があれば早めに解決するようにしましょう。

審査に落ちた理由を理解したら、その原因を改善するための対策を講じましょう。対策を講じた後は、再度増枠審査に申し込むことができます。

増枠審査を確実に通過するための戦略と代案

  • 楽天カードの秘密兵器: 自動増枠の活用法
  • グレードアップ戦略: カードのランクを変えて増枠を狙う
  • 楽天カードの種類と各カードの増枠特性

楽天カードの秘密兵器:自動増枠の活用法

楽天カードには、利用実績を積み重ねることで利用可能枠が自動的に増額される「自動増枠」というサービスがあります。

このサービスは、楽天カードの秘密兵器とも言えるもので、うまく活用すれば大きなメリットを得ることができます。

自動増枠のメリットは大きく分けて2つあります。

1つ目のメリットは、審査が不要という点です。

通常の増枠では、カード会社による審査が行われますが、自動増枠では審査が不要なため、審査に落ちる心配がありません。

2つ目のメリットは、増額幅が大きいという点です。

通常の増枠では、利用可能枠の1.5倍程度までしか増額できませんが、自動増枠では利用可能枠の2倍程度まで増額される可能性があります。

グレードアップ戦略:カードのランクを変えて増枠を狙う

クレジットカードの利用限度額を増額したい場合、まずはカード会社に増枠の申請をします。しかし、増枠審査に落ちてしまうこともあるでしょう。

そんなとき、カードのグレードを変更することで新たなチャンスを掴むことができます。

グレードアップ戦略とは、利用限度額が低いカードから、利用限度額が高いカードにランクアップすることで、利用限度額を増やす方法です。

グレードアップ戦略が成功する理由は、カード会社がカードのグレードによって、利用者の信用度を判断しているためです。

一般カードよりもゴールドカードやプラチナカードの方が、審査基準が厳しく、利用限度額も高くなります。

そのため、グレードアップすることで、カード会社からより高い信用度を認められ、利用限度額を増額できる可能性が高くなります。

楽天カードの種類と各カードの増枠特性

楽天カードは、様々な種類が存在しますが、それぞれに独自の増枠特性があります。

楽天カードの増枠審査に落ちたという経験から、最適なカードを見つけるためのポイントを説明します。

例えば、楽天プレミアムカードは高い年会費が設定されていますが、それに見合った高い利用限度額が特徴です。

一方、エントリーカードやスタンダードカードは、年会費は無料または低めですが、利用限度額も控えめに設定されています。

自身のライフスタイルや利用頻度を考慮し、最適なカードを選ぶことで、増枠審査の成功率を上げることが期待できます。

楽天カードの増枠審査に落ちた場合の対処方法:まとめ

楽天カードの増枠審査を成功させるためには、入力情報の正確性と返済履歴の管理が重要です。また、他社借入の影響も考慮する必要があります。

入力情報は、収入や職業などの基本情報だけでなく、家族構成や住宅の有無なども正確に入力しましょう。

返済履歴は、遅延や滞納がないかを確認し、常に良好な状態を保ちましょう。他社借入は、総量規制の範囲内であることと、返済負担率が過度に高くないことを確認しましょう。

これらのポイントを押さえることで、増枠審査の通過率を高めることができます。

本記事で紹介した手法や考え方を参考に、ぜひあなたの楽天カード利用をさらに有効にしてください。

【関連記事】

【楽天カード】リボ払い残高の確認方法【リボ払いを賢く利用するコツ】

【楽天カード】間違えてキャッシングを申込んだ【キャッシング枠がいらない時の対処法】

【楽天カード】引き落とし日に残高不足だった場合の対処方法

楽天カードの強制解約後、審査に通った事例【復活できる条件は信用の回復】

コメント