PR

【楽天カード】JCBが使えない謎を徹底解明!使えない店舗とその理由

楽天カード

楽天カードは、多くの利用者に支持されています。JCBブランドのカードは、一部使用できない店舗が存在しているのはご存知でしょうか?

この記事では、楽天カードのVISA、マスターカード、そしてJCBの使用可能性の違い、楽天市場でのJCBカードの扱い、またJCBのメリットとデメリットについて徹底的に解説します。

また、JCBが利用できない理由、具体的な活用方法、そしてフルに活用するためのヒントについても詳しく書いています。

ぜひ最後まで、読み進めてください。

楽天カードのJCBが使えない真相!その背後にある理由を徹底解説

  • 楽天カードのJCB利用で困った経験は?使えない瞬間を解明
  • 楽天カードのVISA、マスターカードとJCB:店舗での受け入れ差
  • 楽天市場でのJCBの扱い: 使える店舗と使えない店舗

楽天カードのJCB利用で困った経験は?使えない瞬間を解明

楽天カードは、JCBブランドを採用しているため、世界中で利用することができます。しかし、一部の店舗やオンラインショップ、公共料金では利用できない場合があります。

海外で利用できない店舗

海外では、クレジットカードのブランドごとに利用可能加盟店の割合が異なります。JCBブランドは、VISAやMastercardに比べると、利用可能加盟店の割合が低い傾向にあります。そのため、一部の店舗ではJCBカードが利用できない場合があります。

例えば、海外の観光地では、JCBカードの利用可能率が高い傾向にあります。しかし、現地の人々がよく利用する店舗では、JCBカードの利用可能率が低い場合があります。また、一部の国や地域では、JCBカードの利用が認められていない場合があります。

一部のオンラインショップで利用できない

オンラインショップでは、クレジットカードのブランドごとに利用可能加盟店の割合が異なります。JCBブランドは、VISAやMastercardに比べると、利用可能加盟店の割合が低い傾向にあります。そのため、一部のオンラインショップではJCBカードが利用できない場合があります。

例えば、海外のオンラインショップでは、JCBカードの利用可能率が低い傾向にあります。また、一部のオンラインショップでは、JCBカードの利用が認められていない場合があります。

一部の公共料金で利用できない

公共料金の支払いでは、クレジットカードのブランドごとに利用可能加盟店の割合が異なります。JCBブランドは、VISAやMastercardに比べると、利用可能加盟店の割合が低い傾向にあります。そのため、一部の公共料金ではJCBカードが利用できない場合があります。

例えば、水道料金やガス料金など、自治体によっては、JCBカードの利用が認められていない場合があります。

楽天カードのJCB利用で困った経験を防ぐためには、事前に利用可能加盟店の割合を確認しておくことが大切です。

また、Mastercardブランドのクレジットカードも発行しているため、必要に応じて利用するとよいでしょう。

楽天カードのVISA、マスターカードとJCB:店舗での受け入れ差

楽天カードはVISA、マスターカード、そしてJCBの3つのブランドから選択可能ですが、各カードの受け入れ店舗には微妙な差が存在します。

特に、海外での利用を考えるとJCBはアジア地域での受け入れが強いのに対し、VISAやマスターカードは欧米を中心に受け入れ店舗が多いです。

しかし、日本国内での利用をメインに考える場合、楽天カードのJCBの受け入れ店舗は非常に多いです。

国内での受け入れ差

国内での受け入れ率は、VISAとMastercard、JCBのいずれも、ほぼ100%です。そのため、国内での利用をメインに考えている場合は、どの国際ブランドを選んでも大きな差はありません。

ただし、一部の店舗では、特定の国際ブランドしか利用できない場合があります。例えば、一部のガソリンスタンドでは、VISAやMastercardしか利用できない場合があります。また、一部の飲食店では、JCBしか利用できない場合があります。

海外での受け入れ差

海外での利用に関しては、VISAとMastercardの方が、JCBよりも受け入れ率が高い傾向があります。これは、VISAとMastercardが世界中で最も広く普及している国際ブランドだからです。

具体的には、ヨーロッパ、アメリカ、アジアなどの主要な国や地域では、VISAとMastercardの受け入れ率は非常に高くなっています。一方、JCBの受け入れ率は、これらの国や地域でもまだ60%程度にとどまっています。

そのため、海外旅行や出張を頻繁に行う場合は、VISAやMastercardを選ぶことをおすすめします。

楽天カードの国際ブランドを選ぶ際は、国内での利用か海外での利用かによって、選ぶブランドを変えるとよいでしょう。

楽天市場でのJCBの扱い: 使える店舗と使えない店舗

楽天市場で楽天カードのJCBが使えるかどうかは、以下の2つの条件によって決まります。

  1. 店舗がJCB加盟店である
  2. 店舗が楽天市場の決済システムに対応している

順に説明します。

1. 店舗がJCB加盟店である

楽天市場には、JCB加盟店と非加盟店の両方の店舗が存在します。JCB加盟店の店舗では、楽天カードのJCBが利用できます。JCB加盟店かどうかは、店舗のホームページや店頭に掲示されているJCBのロゴで確認できます。

2. 店舗が楽天市場の決済システムに対応している

楽天市場では、JCBの決済システム(J/Secure)に対応していない店舗もあります。J/Secureに対応していない店舗では、楽天カードのJCBは利用できません。J/Secureに対応しているかどうかは、店舗のホームページや店頭に表示されている「楽天ペイ」のロゴで確認できます。

楽天カード JCBのメリットとデメリット:具体的な活用方法

  • 楽天カード JCBのメリットを解説
  • 楽天カード JCBをフルに活用するためのヒント

楽天カード JCBのメリットを解説

楽天カード JCBは、国内外で幅広く使えるクレジットカードであり、楽天ポイントが貯まりやすいクレジットカードです。また、海外旅行サポートも充実しているので、海外旅行に行く機会が多い人にもおすすめです。

1. 国内外で幅広く使える

楽天カード JCBは、国内ではJCB加盟店、海外ではJCB、VISA、Mastercardの3ブランドで利用できます。そのため、国内外問わず多くのお店で使えることができます。

国内では、JCB加盟店数が約3,300万店と、VISAやMastercardに次いで2位の規模です。そのため、国内で買い物をする場合は、ほとんどのお店で楽天カード JCBを使うことができます。

海外では、JCBは世界190カ国以上で利用できる国際ブランドです。そのため、海外旅行で現地のお店で買い物をする場合や、観光スポットで入場料を支払う場合など、さまざまなシーンで楽天カード JCBを使うことができます。

2. 楽天ポイントが貯まる

楽天カード JCBで買い物をすると、100円につき1ポイントの楽天ポイントが貯まります。楽天ポイントは、楽天市場での買い物や、楽天トラベルでの旅行予約、楽天Edyへのチャージなど、さまざまな用途で利用できます。

楽天ポイントは、1ポイント=1円で利用できます。そのため、楽天カード JCBで買い物をすると、実質的に2%割引で買い物ができることになります。

また、楽天ポイントは、楽天市場での買い物で、通常よりも多くのポイントを貯めることができます。

たとえば、楽天市場で買い物をすると、通常の1倍に加えて、2倍や3倍、5倍など、さまざまなポイントアップキャンペーンが開催されています。

3. 海外旅行サポートが充実

楽天カード JCBは、海外旅行サポートサービス「JCBトラベルサービス」を利用できます。これは、海外旅行の際に必要となる、日本語でのサポートや、現地での優待サービスなどを受けられるサービスです。

JCBトラベルサービスでは、以下のサポートを受けることができます。

  • 日本語での24時間・365日のサポート
  • 海外旅行傷害保険
  • 海外旅行のキャンセル・変更手数料の補償
  • 現地での優待サービス

 

 

楽天カード JCBをフルに活用するためのヒント

楽天カード JCBをフルに活用するためのヒントを、以下の3つにまとめました。

楽天グループのサービスを積極的に利用

楽天カード JCBの基本還元率は1%ですが、楽天グループのサービスを利用することによって、さらにポイントアップすることができます。

楽天市場では、楽天カードで支払うと通常の1倍に加えて2倍のポイントが貯まります。また、楽天プレミアム会員なら3倍のポイントが貯まります。

楽天トラベルや楽天ブックスでも、楽天カードで支払うとポイントアップします。

楽天グループのサービスを利用する機会が多い人は、楽天カード JCBをフル活用するためにも、これらのポイントアップ特典を活用しましょう。

楽天ポイントカードと連携

楽天カード JCBと楽天ポイントカードを連携すると、楽天カードで支払った際に、楽天ポイントカードの利用ポイントも獲得できます。

楽天ポイントカードは、全国の加盟店で利用できるポイントカードです。楽天ポイントカードを連携することで、楽天カードで支払った際に、楽天ポイントカードの利用ポイントに加えて、楽天カードのポイントも獲得できます。

楽天ポイントカードを積極的に利用することで、さらに多くのポイントを貯めることができます。

楽天カードのキャンペーンを活用

楽天カードでは、定期的にキャンペーンを実施しています。キャンペーンを活用することで、通常よりも多くのポイントを貯めることができます。

楽天カードのキャンペーンは、楽天カードのWebサイトやアプリで確認できます。

楽天カードのキャンペーンは、ポイントアップ率が高く、お得な内容のものが多いです。キャンペーンを活用して、効率的にポイントを貯めましょう。

これらのヒントを参考に、楽天カード JCBをフルに活用して、お得にポイントを貯めましょう。

 

楽天カードのJCBが使えない:まとめ

楽天カードのJCBは、多くのメリットを持つ一方で、一部の店舗では利用できない場面が存在するようです。

しかし、その背後には明確な理由があり、それを理解することで、JCBをより効果的に活用することができます。

楽天市場やショッピングサイトでのJCBの取り扱いや、VISAやマスターカードとの差も知っておくと便利です。

最後に、楽天カードJCBをフルに活用するためのヒントをお伝えしました。この情報をもとに、楽天カードのJCBをお得に利用してください。

【関連記事】

【楽天カード】カード番号をネットで確認する方法:情報を安全に管理する方法

コメント