PR

【ライフカード】引き落とし日の残高不足【対処方法と予防策を解説します】

ライフカード

ライフカードを利用していると、引き落とし日に残高不足になってしまうことがあります。

残高不足になると、再引き落としや遅延損害金の発生など、さまざまな影響が出る可能性があります。

この記事では、ライフカードの引き落とし残高不足に関する対処方法と、未然防止策について解説します。

この記事を読めば、引き落とし残高不足のリスクを理解し、適切な対処方法を身につけることができます。

ぜひ最後まで、読み進めてください。

【ライフカード】引き落とし日に残高不足だった場合の対処方法

  • ライフカード:引き落とし日時に残高不足だったら、どうなる?
  • 残高不足時の再引き落としの流れ
  • ライフカード:残高不足ハガキの対応
  • コンビニでの追加入金方法

 ライフカード:引き落とし時に残高不足だったら、どうなる?

引き落とし日に残高不足の場合、遅延損害金が発生する可能性があります。

ライフカードでは、引き落とし日当日に口座残高が不足した場合、翌営業日に再引き落としが行われます。ただし、再引き落としができなかった場合、遅延損害金が発生する可能性があります。

遅延損害金は、引き落とし予定額の14.6%(税込)を日割り計算した金額です。例えば、引き落とし予定額が10万円の場合、遅延損害金は1日あたり146円となります。

遅延損害金が発生しないようにするためには、引き落とし日に口座残高が不足しないように注意する必要があります。

引き落とし日までに利用代金を全額支払うか、口座残高を十分に確保しておきましょう。

残高不足時の再引き落としの流れ

ライフカードの残高不足時に再引き落としを行うには、以下の流れとなります。

1. 振込依頼書の請求

まず、ライフカードのコールセンターに電話して振込依頼書の請求を行います。電話番号は0120-369-024です。

電話で「振込依頼書を請求したい」と伝えると、担当者から振込依頼書の郵送先を尋ねられます。振込依頼書は本人名義の郵送先に送付されます。

2. 振込依頼書の到着

振込依頼書は、お支払い予定日の3~4営業日後に登録のご住所へ届きます。

3. 振込依頼書による支払い

振込依頼書は、コンビニエンスストアや金融機関のATMで支払うことができます。

コンビニエンスストアの場合は、店頭のATMで「ライフカード」を選択して、振込依頼書に記載された金額を支払います。

金融機関のATMの場合は、振込依頼書に記載された金融機関の口座番号と金額を入力して、支払います。

4. 再引き落とし

振込依頼書による支払いが完了すると、ライフカードから再引き落としが行われます。

再引き落としは、お支払い予定日の翌営業日以降に行われます。

再引き落としの注意点

再引き落としは、振込依頼書に記載された金額のみが行われます。

振込依頼書の到着から30日以内に行われない場合、支払い遅延扱いとなるので、注意が必要です。

ライフカード:残高不足ハガキの対応

ライフカードの残高不足ハガキが届いたら、以下の手順で対応しましょう。

  1. ハガキに記載されている金額をコンビニや金融機関で支払う
  2. 口座振替の再設定をする

詳しく説明します。

ハガキに記載されている金額をコンビニや金融機関で支払う

ライフカードの残高不足ハガキには、支払い金額が記載されています。

この金額をコンビニや金融機関で支払うことで、残高不足が解消されます。

支払い方法は、以下の通りです。

  • コンビニ:セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップ、セイコーマートなど
  • 金融機関:ATM、窓口

口座振替の再設定をする

残高不足が解消されたら、口座振替の再設定をしましょう。再設定をしないと、次回の支払いでも残高不足になる可能性があります。

口座振替の再設定は、以下の手順で行えます。

  1. ライフカードのWebサイトにログインする
  2. 「お支払い方法」をクリックする
  3. 「口座振替の設定・変更」をクリックする
  4. 必要事項を入力して、再設定する

ライフカードの残高不足ハガキが届いたら、早めに対応しましょう。

コンビニのATMで追加入金をする手順

ライフカードの残高不足をコンビニのATMで追加入金する手順は、以下のとおりです。

  1. コンビニのATMにライフカードを挿入する
  2. 「ライフカード」を選択する
  3. 「入金」を選択する
  4. 入金額を入力する
  5. 暗証番号を入力する
  6. 入金確認画面で「入金する」を選択する

ATMの画面に表示されているメニューから、「ライフカード」を選択します。ATMの画面に表示されているメニューから、「入金」を選択します。

入金額は、1,000円単位で入力できます。

暗証番号を入力し、ATMの画面に表示された入金確認画面で、「入金する」を選択します。

入金手数料は、105円(税込)です。

【ライフカード】引き落とし残高不足を未然に防ぐ方法

  • 月々の予算管理:ライフカード利用額を把握する
  • ライフカードの支払い遅れの影響
  • 引き落とし日の確認と通知サービスの活用
  • ライフカードアプリの活用: リアルタイムの残高確認

月々の予算管理:ライフカード利用額を把握する

ライフカード利用額を把握するためには、LIFE-Web Deskまたはライフカードアプリで「ご利用代金明細照会」を行うのが最も簡単で確実な方法です。

ライフカード利用額を把握することは、月々の予算管理において非常に重要です。ライフカード利用額を把握することで、以下のメリットを得ることができます。

  • 予算内に収まっているかどうかを把握できる
  • 支出の傾向を把握できる
  • 支出をコントロールしやすくなる

ライフカード利用額を把握するには、以下の方法があります。

  • LIFE-Web Deskで「ご利用代金明細照会」を行う
  • ライフカードアプリで「ご利用代金明細照会」を行う
  • ライフカード会員サービスデスクに電話で問い合わせる

LIFE-Web Deskまたはライフカードアプリで「ご利用代金明細照会」を行うのが最も簡単で確実な方法です。

LIFE-Web Deskにログインまたはライフカードアプリを起動し、画面の指示に従って「ご利用代金明細照会」を行うことで、過去15か月分の利用明細を閲覧することができます。

ライフカード利用額を把握することで、月々の予算管理をより効率的に行い、無駄な出費を抑えることができます。

ぜひ、ライフカード利用額を把握して、家計を無理なくやりくりしましょう。

ライフカードの支払い遅れの影響

ライフカードの支払い遅れには、以下の3つの悪影響があります。

  1. 遅延損害金の発生
  2. カード利用制限
  3. 信用情報への登録

順に説明します。

1. 遅延損害金の発生

ライフカードでは、支払い遅れに対して遅延損害金を請求しています。遅延損害金は、利用代金の未払い額に対して、年率18.0%で計算されます。

例えば、利用代金が10万円の場合、支払い遅れが1日続くと180円の遅延損害金が発生します。

2. カード利用制限

支払い遅れが3ヶ月以上続くと、カード利用制限がかかる場合があります。

カード利用制限がかかると、カードの利用ができなくなり、返済も滞りやすくなってしまいます。

3. 信用情報への登録

支払い遅れが61日以上続くと、信用情報機関に事故情報が登録されます。

信用情報機関に事故情報が登録されると、新たなクレジットカードやローンの審査に通りにくくなる可能性があります。

引き落とし日の確認と通知サービスの活用

クレジットカードや公共料金などの引き落としは、毎月決まった日に行われますが、その日付はカード会社や金融機関によって異なります。

そのため、引き落とし日の確認は、引き落とし忘れや残高不足を防ぐために重要なポイントです。

引き落とし日の確認方法は、以下のとおりです。

  • クレジットカード会社や金融機関のWebサイトやアプリで確認する
  • 明細書や利用通知で確認する

カード会社や金融機関のWebサイトやアプリでは、引き落とし日や引き落とし金額を簡単に確認することができます。また、明細書や利用通知には、引き落とし日が記載されています。

引き落とし日の確認に加えて、通知サービスの活用もおすすめです。

通知サービスでは、引き落とし日の前日に、引き落とし金額や残高不足の通知が届きます。これにより、引き落とし忘れや残高不足を未然に防ぐことができます。

ライフカードアプリの活用: リアルタイムの残高確認

ライフカードアプリは、リアルタイムで利用残高を確認できる便利な機能が搭載されています。

この機能を活用することで、以下のようなメリットがあります。

  • 支払い予定額を把握しやすくなる
  • 使いすぎを防止できる
  • 支払い漏れを防げる

ライフカードアプリのリアルタイム残高確認機能は、以下の手順で利用できます。

  1. ライフカードアプリを起動します
  2. 画面右下の「残高照会」をタップします
  3. 利用残高が表示されます

利用残高は、クレジットカードで利用した金額から、入金やポイント利用による残高減少分を差し引いた金額です。

そのため、リアルタイム残高を確認することで、いつでも現在の支払い状況を把握できます。

【ライフカードの引き落とし】残高不足だった場合の対策:まとめ

ライフカードの引き落とし日に残高不足になると、再引き落としや遅延損害金の発生など、さまざまな影響が出る可能性があります。

この記事で解説した対処方法と未然防止策を参考にして、引き落とし残高不足のリスクを理解し、適切な対処方法を身につけてください。

【関連記事】

ライフカード持ってないのに請求が来る?その原因と対処法を徹底解説!

【ライフカード デポジット】審査に落ちた原因と対処方法を徹底解説!

ライフカードからメールが届かない!原因と解決策を解説

ライフカード デポジットで分割払いは可能です【利用方法やメリット・デメリットを解説】

 

 

 

コメント