PR

【ライフカードデポジット】クレカの審査に通りにくい方でもクレヒスを積める!メリット・デメリット・利用方法を解説

ライフカード

クレジットカードを利用する際には、信用情報機関に記録される「クレヒス」が重要です。

クレヒスは、過去の借入や返済状況などを記録したもので、良好なクレヒスがあれば、審査に通りやすいなどのメリットがあります。

しかし、クレジットカードの利用経験がない、過去にクレジットカードの利用でトラブルを起こしたなどの理由で、クレヒスが良好でない場合があります。

そのような方におすすめなのが、ライフカードデポジットです。ライフカードデポジットは、事前に保証金を預けることで、利用限度額を設定できるクレジットカードです。

この記事では、ライフカードデポジットでクレヒスを積む方法、メリット・デメリットなどをくわしく解説しています。

この記事を読むことで、ライフカードデポジットを利用してクレヒスを積むための知識が身につくでしょう。

ぜひ最後まで、読み進めてください。

ライフカードデポジットでクレヒスを積む方法

  • クレヒスの基本:ライフカードデポジットでクレヒスを積む
  • ライフカードデポジットのメリット
  • ライフカードデポジットのデメリット
  • ライフカードデポジットを利用する際の注意点

クレヒスの基本:ライフカードデポジットでクレヒスを積む

ライフカードデポジットは、クレヒスがない人や、過去に延滞歴がある人でも、クレヒスを積むことができる便利なツールです。

クレヒスとは、クレジットカードやローンの利用履歴をまとめたものです。クレヒスは、個人の信用度を判断する重要な指標であり、将来的にクレジットカードやローンを利用する際に影響します。

ライフカードデポジットは、プリペイドタイプのクレジットカードです。プリペイドタイプのクレジットカードは、利用前にデポジット(預け金)を支払う必要があります。

そのため、利用限度額がデポジット金額に制限されるため、使いすぎるリスクがありません。

例えば、月に一定の額をデポジットとして入金し、その範囲内で支出を管理することで、信用スコアを徐々に向上させることができます。

ライフカードデポジットのメリット

ライフカードデポジットのメリットは、以下の3つです。

  1. 審査が比較的通りやすい
  2. 発行が早い
  3. チャージ不要で使える

詳しく説明します。

1. 審査が比較的通りやすい

ライフカードデポジットは、利用限度額と同額の保証金を預けることで発行されるクレジットカードです。そのため、通常のクレジットカードよりも審査が通りやすい傾向にあります。

審査では、一般的に以下の項目がチェックされます。

  • 年齢
  • 年収・勤続年数
  • 他社借入状況
  • 過去の支払い状況

ライフカードデポジットでは、保証金が審査基準の一部になるため、他社借入状況や過去の支払い状況が良好であれば、審査に通る可能性が高くなります。

2. 発行が早い

ライフカードデポジットは、申し込みから発行までに約1週間程度かかります。これは、通常のクレジットカードと比べて、発行までの期間が短いと言えます。

通常のクレジットカードでは、審査結果が出るまでに数週間かかる場合もあります。そのため、急いでクレジットカードを作りたい場合は、ライフカードデポジットがおすすめです。

3. チャージ不要で使える

ライフカードデポジットは、チャージ不要で使えるクレジットカードです。プリペイドカードのように、あらかじめ現金をチャージする必要がありません。

そのため、クレジットカードを初めて利用する人や、チャージの手間を省きたい人におすすめです。

ライフカードデポジットのデメリット

ライフカードデポジットには、以下の4つのデメリットがあります。

  • デポジットが必要
  • キャッシングできない
  • 限度額が低い
  • 年会費が発生する

順に説明します。

デポジットが必要

ライフカードデポジットでは、カード発行時に10万円のデポジットを預け入れする必要があります。

デポジットは、カードの利用代金の支払いのために使われ、残高が不足すると利用が停止されます。

キャッシングできない

ライフカードデポジットでは、キャッシングができません。

キャッシングとは、現金を借りるサービスです。ライフカードデポジットでは、デポジット金額が限度額となるため、キャッシングができません。

限度額が低い

ライフカードデポジットの限度額は、デポジット金額に等しい10万円です。一般的なクレジットカードの限度額は、10万円以上の場合がほとんどです。

そのため、ライフカードデポジットでは、高額な買い物や分割払いができません。

年会費が発生する

ライフカードデポジットの年会費は、初年度無料、2年目以降は5,500円(税込)です。

一般的なクレジットカードの年会費は、初年度無料、2年目以降は無料の場合がほとんどです。そのため、ライフカードデポジットでは、年会費がかかります。

デメリットのまとめ

ライフカードデポジットは、審査に通りやすいのがメリットですが、デポジットが必要、キャッシングできない、限度額が低い、年会費が発生するなどのデメリットがあります。

これらのデメリットを理解した上で、申し込むかどうかを検討しましょう。

ライフカードデポジットを利用する際の注意点

ライフカードデポジットの利用を検討するなら、以下の3つの注意点を確認しておきましょう。

デポジット(保証金)の預け入れが必要

ライフカードデポジットは、カード発行時に10万円のデポジット(保証金)を預け入れする必要があります。

デポジットは、カードの利用代金や年会費の未払いがあった場合に、カード会社が回収するためのものです。

デポジットは、カードの到着時に現金で代金引換で支払います。デポジットの返還は、カードの退会後、未入金の利用明細が確認できないことが確認でき次第、約2か月後に行われます。

限度額は10万円から50万円まで

ライフカードデポジットの限度額は、10万円から50万円までです。限度額は、申込時の収入や信用情報などによって決定されます。

限度額は、ライフカードデポジットを発行する際に選択することができます。限度額を高く設定したい場合は、収入や信用情報などを証明できる書類を準備しておくとよいでしょう。

増額や切替ができない

ライフカードデポジットは、発行後の増額や切替はできません。限度額を増やしたい場合は、新たなライフカードデポジットを発行する必要があります。

ゴールドカードへの切替もできません。ゴールドカードを希望する場合は、一般カードを一定期間利用した後に、ゴールドカードへの切り替えを申し込む必要があります。

ライフカードデポジットの利用ガイド: 支払いから返金まで

  • ライフカードデポジットの支払い方法
  • ライフカードデポジットの審査のポイント
  • ライフカードデポジットの返金方法
  • ライフカードデポジットからクレジットカードへの切り替え方法

ライフカードデポジットの支払い方法

ライフカードデポジットの支払い方法は、カード発行時に現金でデポジットを支払うだけです。

支払いは現金のみで、クレジットカードで支払うことはできません。デポジット額は1万円から100万円まで、1万円単位で選択できます。

この支払い方法は、支出をコントロールしやすく、またクレジットヒストリーを構築するのに役立ちます。

具体的には、デポジットを支払ってカードを発行し、そのカードを利用して日常の支出やショッピングを行えます。

ライフカードデポジットの審査のポイント

ライフカードデポジットの審査は、安定した収入がある人に有利です。

ライフカードデポジットは、保証金と同額の限度額が設定されるクレジットカードです。そのため、カード発行会社は、利用者が保証金を返済できるだけの収入があるかどうかを判断する必要があります。

具体的には、審査では、年収や勤続年数、雇用形態などが確認されます。また、過去のクレジットカードの利用状況や、延滞や滞納の有無もチェックされます。

これらの情報を総合的に判断して、カード発行会社は利用者の信用度を評価します。そのため、安定した収入がある人は、審査に通過する可能性が高くなります。

なお、ライフカードデポジットの審査は、比較的簡単で、高い承認率があります。そのため、収入が少ない人も、審査に通過する可能性は十分にあります。

 ライフカードデポジットの返金方法

デポジットの金額は、カードの限度額に等しいため、カードを解約するとデポジットが返金されます。

未入金の利用明細がある場合は、その支払いを済ませてから、残高が0円になった日より約2ヶ月後に返金されます。残高が0円になる前に、2ヶ月以上経過しても返金されない場合は、ライフカードに問い合わせてみましょう。

返金されるデポジットの金額は、カード発行時に支払った金額と同一です。例えば、カード発行時に10万円のデポジットを支払った場合、カードを解約すると10万円が返金されます。

ライフカードのデポジットは、カードの解約から約2ヶ月後に返金されます。ただし、未入金の利用明細がある場合は、その支払いを済ませてから、残高が0円になった日より約2ヶ月後に返金されます。

ライフカードデポジットからクレジットカードへの切り替え方法

ライフカードデポジットからクレジットカードに切り替えるには、ライフカードのホームページから申込書をダウンロードして、必要事項を記入して郵送するだけです。

審査に通れば、クレジットカードが発行され、保証金は返還されます。

ただし、審査に通らない可能性があるため、注意が必要です。

ライフカードデポジットでクレヒスを積む:まとめ

ライフカードデポジットは、クレヒスが少ない人や、過去にクレジットカードの利用でトラブルを起こした人でも、安心して利用できるクレジットカードです。

ただし、ライフカードデポジットにはメリットだけでなく、デメリットもありますので、注意が必要です。

まずは、ライフカードデポジットのメリット・デメリットをしっかりと理解しましょう。その後、ライフカードデポジットに申し込むかどうかを検討してみてください。

クレヒスを積むことで、クレジットカードの利用限度額がアップしたり、新規のクレジットカードの審査に通りやすくなったりします。

ライフカードデポジットを利用して、クレヒスを積んで、クレジットカードの利用をより便利にしましょう。

【関連記事】

【ライフカード】最短2営業日で発行!届くまでの日数と早期利用方法を解説

ライフカードからメールが届かない!原因と解決策を解説

【簡単】ライフカードの限度額を10万円から増やす方法【手順と注意点を解説】

ライフカード デポジットで分割払いは可能です【利用方法やメリット・デメリットを解説】

コメント