PR

ライフカード デポジットで分割払いは可能です【利用方法やメリット・デメリットを解説】

ライフカード

ライフカードデポジットとは、事前に保証金(デポジット)を預けることで、通常のクレジットカードとして利用できるカードです。

審査が不安な方や、初めてクレジットカードを作る方にもおすすめです。

ライフカードデポジットでは、分割払いも利用できます。分割払いを利用することで、高額な買い物も無理なく分割して支払うことができます。

この記事では、ライフカードデポジットの分割払いについて、利用方法やメリット・注意点を徹底解説します。

ぜひ最後まで、読み進めてください。

ライフカードデポジットで分割払いは可能です

  • ライフカードデポジットの基本説明
  • ライフカードデポジットで、分割払いは可能?
  • ライフカードデポジット:分割払いの利用手順

ライフカードデポジットの基本説明

ライフカード デポジットは、事前に保証金を預けることで、その保証金の範囲内でショッピング利用ができるクレジットカードです。

審査が比較的緩く、初心者でも申し込みやすいのが特徴です。

ライフカードデポジットの特徴は、次のとおりです。

  • 審査が比較的緩い
  • 保証金の範囲内で利用できる
  • 年会費無料
  • ショッピング専用カード

審査が比較的緩いため、クレジットカードの審査に通ったことがない初心者でも申し込みやすいのが特徴です。

また、保証金の範囲内で利用できるため、利用限度額があまり高くない人でも安心して利用できます。年会費は無料なので、コストを抑えてクレジットカードを利用したい人にもおすすめです。

保証金は、カードお届けの際に年会費と一緒に代金引換にてお預けいただきます。保証金は、ご利用代金の返済に充てられます。

限度額は、保証金の金額と同じです。例えば、保証金として10万円を預けたら、限度額も10万円となります。

利用代金は、ご登録の金融機関口座からの自動振替となります。

ライフカードデポジットで、分割払いは可能?

ライフカードデポジットで分割払いを利用するには、カード申し込み時に「分割払いオプション」を選択する必要があります。

ライフカードデポジットは、ライフカードが発行するデビットカードです。

デビットカードとは、利用時に口座から直接引き落とされるカードのことで、クレジットカードのような後払いはありません。

ライフカードデポジットでは、分割払いオプションを追加することで、利用代金を3回、5回、10回、12回、15回、18回、20回、24回、30回、36回のいずれかで分割払いすることができます。

分割払いオプションを利用するには、カード申し込み時に「分割払いオプション」を選択する必要があります。また、分割払いを利用するには、利用代金が3,000円以上であることが条件となります。

ライフカードデポジット:分割払いの利用手順

分割払いの方法は、以下のとおりです。

  1. ライフカードデポジットの利用明細を確認する
  2. 分割払い希望の利用明細の「分割払い」ボタンをクリックする
  3. 分割回数を選択する
  4. 分割払い手数料を確認する
  5. 「分割払い申込」ボタンをクリックする

分割払い手数料は、利用金額に応じて決まります。分割回数が多いほど、手数料が高くなります。

なお、分割払いを利用した場合、分割払い手数料は、利用代金と一緒に口座から引き落とされます。

ライフカードデポジット:利用時のメリットと注意点

  • ライフカードデポジットのメリットは?
  • ライフカードデポジットの注意点とデメリット
  • ライフカードデポジットと他のクレジットカードの比較

ライフカードデポジットのメリットは?

ライフカードデポジットのメリットは、以下の3つです。

  1. 審査に通りやすい
  2. 発行が早い
  3. チャージしなくても使える

順に詳しく説明します。

1. 審査に通りやすい

デポジットを預けることで、クレジットカード会社は、カード利用者の支払い能力をある程度担保することができます。

そのため、デポジット型のクレジットカードは、審査が通常のクレジットカードよりも通りやすい傾向があります。

ライフカードデポジットは、デポジット(保証金)を100%の利用限度額に相当する金額を預ける必要があります。

デポジット型のクレジットカードの中でも、審査に通りやすいカードと言えます。

2. 発行が早い

ライフカードデポジットは、審査が完了次第、最短で即日発行が可能です。

通常のクレジットカードの場合、審査に数日かかる場合もあるため、すぐにクレジットカードを使いたい人におすすめです。

3. チャージしなくても使える

ライフカードデポジットは、デポジット(保証金)を預けることで、クレジットカードとして利用できます。

そのため、クレジットカードの利用限度額に応じた金額をチャージする必要がなく、すぐにクレジットカードを使えます。

デポジットを預けることで、クレジットカードの審査に通る可能性が高くなり、発行が早くなる、チャージしなくても使えるというメリットがあります。

ライフカードデポジットの注意点とデメリット

ライフカードデポジットは、審査に不安がある人でも申し込めるクレジットカードです。

デポジット(保証金)を預けることで、デポジット額が限度額となり、利用しすぎて延滞する心配がありません。

しかし、デポジット型クレジットカードには、以下の注意点とデメリットがあります。

年会費が5,500円かかる

ライフカードデポジットの年会費は、通常のライフカードと比べて5,500円高くなっています。そのため、長期利用を検討している人は、年会費を負担できるかどうかを事前に確認しておきましょう。

キャッシングができない

ライフカードデポジットでは、キャッシングサービスが利用できません。

そのため、急な出費に備えてキャッシングを利用したい人は、他のクレジットカードを検討しましょう。

限度額が預けたデポジット額まで

ライフカードデポジットの限度額は、預けたデポジット額までです。

そのため、高額な買い物をしたい場合は、デポジット額を大きくする必要があります。

 

ライフカードデポジットは、審査に不安がある人でも申し込めるクレジットカードです。

年会費がかかる、キャッシングができない、限度額が低いなどの注意点とデメリットがあります。

そのため、申し込む前に、これらの注意点とデメリットをしっかりと理解しておきましょう。

ライフカードデポジットと他のクレジットカードの比較

ライフカードデポジットは、利用開始のハードルが低いデポジット型クレジットカードです。

デポジットを預けることで、信用履歴が少ない人でも審査に通る可能性が高まります。一方で、利用限度額はデポジット額によって限定されるため、通常のクレジットカードと比べて低くなる傾向があります。

ライフカードデポジットは、以下のような人におすすめです。

  • クレジットカードの利用開始を検討しているが、信用履歴が少ない
  • クレジット履歴を築きたい若者や外国人
  • 普段使いのクレジットカードとして利用したい

ライフカードデポジットの利用限度額は、デポジット額によって決まります。一般カードは5万円から、ゴールドカードは20万円から利用限度額を設定できます。

一方、通常のクレジットカードの利用限度額は、個人の信用状況や収入によって決定されます。

そのため、ライフカードデポジットよりも高額な利用限度額を設定できるケースが多くあります。

【ライフカード】デポジットでの分割払い:まとめ

ライフカードデポジットでは、分割払いを利用することができます。分割払いには、ショッピングの利用代金を月々一定の金額で支払えるというメリットがあります。

また、分割払い手数料がかかりますが、ライフカードデポジットは分割払い手数料が低く設定されています。

ライフカードデポジットで分割払いを利用したい方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

【関連記事】

【ライフカード デポジット】審査に落ちた原因と対処方法を徹底解説!

 

コメント