PR

イオンカードはブラックでも作れる?完全ガイド:審査基準から特典まで

イオンカード

「ブラックリストに載っているけど、イオンカードは作れるのかな?」

この疑問を持つ方は少なくありません。イオンカードの審査基準は一体どうなっているのでしょうか?

また、ブラックリスト状態でもカードが作れる可能性はあるのでしょうか?

この記事では、イオンカードはブラックでも作れるのかという疑問を徹底調査しました。

審査基準、特典、申し込み方法から、ブラックリスト状態での対処法まで、あなたが知りたい情報を全て網羅しています。

ぜひ最後まで、読み進めてください。

イオンカードはブラックでも作れるか?審査基準と特徴を徹底解説

  • イオンカードはブラックリストでも作れるのか
  • ブラックでもイオンカードの審査に通る確率
  • イオンカードの特徴とメリット
  • イオンカードの審査時間と即日発行の可能性
  • イオンカードの申し込み条件:必要な書類と手続き
  • イオンカード審査に落ちた場合の対処法

クレジットカードの選び方は人それぞれですが、特に「ブラックリストに載っている」という事情がある場合、選択肢が限られてしまいます。

そのような方でも注目されがちな「イオンカード」について、審査基準から特徴、申し込み条件まで詳しくご紹介します。

イオンカードはブラックリストでも作れるのか

「ブラックリスト」に載っていると、多くの金融機関からの信用が低く見られる可能性が高いです。イオンカードも例外ではありません。

一般的には、ブラックリストに記載されている人に対して、イオンカードを発行する確率は極端に低いです。

ただし、ブラックリストに記載された経緯やその後の信用状態によっては、例外も考えられます。

つまり、かつての過ちが小さく、その後の信用履歴がしっかりとしている場合は、まれに承認されるケースも存在する可能性があります。

ブラックでもイオンカードの審査に通る確率

ブラックリストに載っている場合、一般的には審査に通る確率は非常に低く、ほぼゼロに近いと言えます。

しかし、時間が経過し、その「ブラック」状態から何年も経てば、信用情報は徐々に回復していきます。

ブラックリストから一定期間が経過し、その後の信用履歴が良好な場合、微量ながらも審査に通る確率が出てくるでしょう。

イオンカードの特徴とメリット

イオンカードは、イオングループの多くの店舗で使えるため、非常に便利です。

特にイオンのスーパーマーケットや専門店での購入には、ポイント還元率も高く特定のキャンペーン期間中にはさらにポイントがアップするので大変お得です。

また、イオン銀行と連携したサービスもあり、銀行口座を持っている人にはさらに便利。海外旅行保険の無料付帯や、E-Money機能など、多機能性も高いです。

イオンカードの審査時間と即日発行の可能性

一般的にイオンカードの審査時間は、1~3営業日とされています。

即日発行を希望する場合は、特定のイオンモールやイオン銀行の店舗で手続きを行う必要があります

ただし、ブラックリストに載っている人が即日発行を利用する可能性は、残念ながら非常に低いと言わざるを得ません。

イオンカードの審査に落ちた場合の対処法

イオンカードの審査に落ちる原因は、主に次の3つです。

  • 収入が不足している
  • 信用情報に問題がある
  • 申込内容に不備がある

審査落ちの原因を把握したら、その原因を改善するために具体的な行動を起こしましょう。

収入が不足している場合は、アルバイトやパートで収入を増やすために、どのような仕事を探せばよいか、収入を増やすためにどのような努力をすればよいかなど、具体的なプランを立てましょう。

信用情報に問題がある場合は、信用情報の開示請求を行い、金融事故の記録が残っている場合は、完済や信用情報の改善など、問題を解決するための具体的な方法を検討しましょう。

申込内容に不備がある場合は、申込書類に誤りがないか、必要事項を漏れなく記入しているか、何度も確認しましょう。

ブラックでもイオンカードを作るための信用回復方法

  • ブラック状態はいつ解消される?
  • 個人信用情報を「きれい」にするステップ
  • 審査に通りやすくするためのポイント
  • 他のカードと比較:イオンカードが選ばれる理由
  • 支払いトラブルを避けるための予防策

クレジットカードの審査に落ちてしまい、「ブラックリスト」とされた方にとって、新たなクレジットカードを作るのは困難です。

特にイオンカードなどの人気カードは審査が厳しいため、ブラック状態では手に入れられないと一般的に考えられがちです。

しかし、信用情報を適切に管理して改善する方法は存在します。信用情報の回復方法からイオンカードを取得するための具体的なステップに至るまでを解説します。

ブラック状態はいつ解消される?

ブラック状態とは、信用情報機関に「延滞」「債務整理」「自己破産」などの事故情報が登録されている状態です。この事故情報が登録されている期間のことを、ブラック状態の期間と呼びます。

ブラック状態の期間は、信用情報機関によって異なりますが、一般的には5~7年程度です

ブラック状態の期間が経過すると、信用情報機関から事故情報が削除され、ブラック状態は解消されます。

ブラック状態が解消されると、クレジットカードやローンの審査が通りやすくなるため、経済的な活動がしやすくなります。

ブラック状態を解消するためには、借金を完済したり、債務整理の手続きをしたりすることが重要です。

個人信用情報を「きれい」にするステップ

個人の信用情報をきれにするステップを詳しく説明します。

信用情報の確認

最初のステップは、自分がどれほど「ブラック」に近いのかを知ることです。

信用情報機関から信用レポートを取得し、過去の未払い、延滞、その他の記録をチェックします。

過去の未払い解消

ブラックリストの最大の原因は未払いです。すぐに過去の未払いを解消しましょう。

未払いが解消されれば、それだけで信用スコアは上がる可能性があります。

定期的な確認と訂正

年に一度は信用情報をチェックして、誤った記録や不明点がないか確認するようにしましょう。

誤った情報があれば、すぐに訂正を依頼します。

新たな信用活動の開始

過去の信用失墜を証明するためには、新たな信用活動が必要です。

小額のローンやショッピングクレジットを活用して、しっかりと返済する習慣を身につけることが大事です。

イオンカードの審査に通りやすくするためのポイント

イオンカードの審査には、安定した収入があることを証明できれば、審査に大きく有利です。給与明細や所得証明書などでしっかりと収入を証明しましょう。

また、住所が頻繁に変わると、それが不安定な要素とみなされます。できれば長期間同じ住居に住むことを証明する書類を用意します。

信用スコアが低い場合、信用度の高い共同申請人を追加することで審査に通りやすくなる場合があります。

支払いトラブルを避けるための予防策

クレジットカードの支払いトラブルを避けるために、以下の3つの予防策を徹底することが重要です。

明確な予算設定

クレジットカードの利用は、予算内で行うように心がけましょう。毎月の収入と支出を把握し、その範囲内でクレジットカードを利用できる金額を決めます。

特にリボ払いや分割払いを利用する場合は、その利息をも考慮した上で予算を設定することが重要です。

支払い日の戦略

支払い日を給料日やボーナスが出るタイミングに合わせると、滞納するリスクを減らすことができます。

クレジットカードの締め日と支払い日を確認して、自分のライフスタイルに合わせた支払い日を設定しましょう。

例えば、締め日が毎月10日で、支払い日が翌月20日の場合、給料日が毎月25日であれば、給料日に支払いを済ませることができます。

ボーナスが出るタイミングでまとまった支払いをすることも有効です。

リボ払いのリスク管理

リボ払いは便利ですが、その利便性によって使いすぎる危険があります。利用する場合は計画的に、そしてその利息に注意を払いましょう。

リボ払いは、利用金額に応じて毎月の支払額が変動する支払い方法です。そのため、利用金額を把握し、毎月の支払額を無理なく支払えるようにしましょう。

また、利息は利用金額と支払い回数に応じて高額になるため、利用する場合は注意が必要です。

イオンカードはブラックでも作れるのか:まとめ

この記事では、「イオンカードはブラックでも作れるのか」という疑問に対する答えを出すため、イオンカードの審査基準、特典、申し込み条件を詳細に解説しました。

結論としては、ブラックリストに載っている方がイオンカードを作るのは難しいとされていますが、全てのケースで無理というわけではありません。

信用情報を改善する方法や別のカード選びの方向性も示しました。どんな状況でも諦めずに、信用回復を目指してください。

【関連記事】

【緊急】イオンカードのオペレーターと話したい【連絡先・電話番号と手順のまとめ】

イオンカードの督促電話(0570200263): 知っておくべき全ての事項

イオンカードから「イオンカードセレクト」に変更する全手順とメリット・デメリット解説

イオンカードの「審査落ち通知」を詳しく解説【知っておくべき4つの理由と3つの対処法】

コメント