PR

ブラックリストでもOK?楽天カード審査の内側を徹底解説

楽天カード

楽天カードの審査に落ちた経験のある方や、ブラックリストで審査に不安がある方は多いのではないでしょうか。

ブラックリストとは、信用情報に金融事故情報が記録されている状態のことです。金融事故とは、支払いの遅延や滞納、債務整理など、返済能力に問題があったことを指します。

ブラックリストに載っている場合、クレジットカードの審査に落ちる可能性が高くなります。しかし、ブラックリストに載っていても、審査に通過する方法はあります。

この記事では、楽天カードの審査におけるブラックリストの影響や、信用情報の修復方法などを詳しく解説しています。

楽天カードの審査に落ちてしまった方や、ブラックリストで審査に不安がある方は、ぜひ本記事を参考にしてください。

楽天カードの審査:ブラックリストでもカードは取得可能ですか?

  • ブラックでも楽天カードは作れるのか?
  • 楽天カード審査の厳しさ:他のクレジットカードとの比較
  • ブラックリストに載ると、カードは解約されるの?
  • 楽天カード落ちた: ブラックリスト状態の影響
  • 楽天カードのブラックリスト確認方法

ブラックでも楽天カードは作れるのか?

ブラックの人は楽天カードを作れる可能性がありますが、審査に通る可能性は低いです。

楽天カードの審査基準は、以下の4つです。

  • 年齢・性別
  • 勤務状況・収入
  • 過去の金融事故
  • 申込書の内容

ブラックとは、過去に支払いの遅延や滞納、債務整理などの金融事故を起こした人のことを指します。これらの金融事故は、信用情報機関に異動情報として記録されます。

楽天カードの審査では、この異動情報が重要な審査基準となります。異動情報が記録されている人は、審査に落ちる可能性が高いのです。

しかし、ブラックでも楽天カードを作れる可能性はあります。それは、以下の2つのケースです。

  • 異動情報が記録されてから一定期間が経過している
  • 安定した収入や資産がある

異動情報が記録されてから一定期間が経過すると、信用情報機関から異動情報が消去されることがあります。

その場合、異動情報が記録されていないのと同じように審査が行われるため、審査に通る可能性が高くなります。

また、安定した収入や資産がある場合は、支払い能力があると判断され、審査に通る可能性が高くなります。

 

≫年会費無料!新規入会で、楽天ポイントがもらえる

 

楽天カード審査の厳しさ:他のクレジットカードとの比較

楽天カードの審査難易度は、他のクレジットカードと比較して比較的低いと言えます。

楽天カードの審査基準は、以下の3つです。

  • 安定した収入があること
  • 過去にクレジットカードの支払いを延滞したことがないこと
  • 信用情報機関に登録されている信用情報に問題がないこと

このうち、収入については、年収などの具体的な金額は明記されていません。そのため、アルバイトや主婦・学生でも審査に通る可能性があります。

また、楽天カードは審査に通過した人の割合が約92%と高く、他のクレジットカードと比較して審査難易度が低いと言えます。

ブラックリストに載ると、カードは解約されるの?

ブラックリストに載ると、原則としてカードは解約されます。

ブラックリストとは、信用情報機関に登録された、支払い遅延や債務整理などの金融事故情報のことです。

クレジットカード会社は、新規のカード発行や利用限度額の引き上げなどの審査を行う際に、信用情報機関に照会を行います。

そのため、ブラックリストに載っていると、審査に通りにくくなり、カードの解約や利用停止になる可能性があります。

楽天カードのブラックリスト確認方法

楽天カードのブラックリストに載っているかどうかは、信用情報機関に開示請求をすることで確認できます。

楽天カードは、次の2つの信用情報機関に加盟しています。

  • 株式会社日本信用情報機構(JICC)
  • 株式会社シー・アイ・シー(CIC)

これらの信用情報機関に開示請求をすることで、楽天カードの利用状況や延滞の有無など、自分の信用情報が確認できます。

ブラックリスト問題を解決: 信用スコアを改善して楽天カードを手に入れよう

  • クレジットカードの延滞が信用情報に与える影響
  • 信用情報の修復: 実行可能な方法と楽天カード審査への影響
  • 延滞61日以上でブラック状態: 解決策は?
  • 楽天カード審査が厳しくなった理由

クレジットカードの延滞が信用情報に与える影響

クレジットカードの延滞は、信用情報に大きな影響を与えます。

クレジットカードの支払いは、毎月末日までに口座引き落としされるのが一般的です。この期日までに支払いが完了しないと、延滞となります。

延滞が61日以上続くと、信用情報機関に「異動情報」として記録されます。異動情報には、延滞の発生日や金額、延滞の回数などが記載されます。

信用情報機関は、クレジットカード会社や金融機関などの加盟先から、利用者の信用情報を収集・管理しています。加盟先は、信用情報機関に登録されている情報をもとに、利用者の信用度を判断しています。

異動情報が記録されると、利用者の信用度が低下します。そのため、クレジットカードの新規発行や、住宅ローンや自動車ローンなどの各種ローンの審査に通りにくくなる可能性があります。

また、延滞が続くと、カード会社から利用停止や強制解約などの措置が取られることもあります。

利用停止や強制解約になると、そのカードは利用できなくなり、新たなクレジットカードの審査にも影響を与える可能性があります。

信用情報の修復: 実行可能な方法と楽天カード審査への影響

信用情報を修復することで、楽天カードの審査に通過する可能性が高まります。

信用情報は、個人の借入や支払い状況を記録した情報です。楽天カードの審査では、信用情報が重要な判断材料となります。信用情報が悪いと、審査に落ちる可能性が高くなります。

信用情報の修復は、自分自身で行うこともできますが、専門家に依頼することもできます。専門家に依頼すれば、より確実に信用情報を修復することができます。

延滞61日以上でブラック状態: 解決策は?

延滞が61日以上続くとブラックリストに登録される可能性があります。ブラックリストに登録されると、クレジットカードの作成やローンの審査に通りにくくなるなどのデメリットがあります。

ブラックリストに登録されないようにするには、以下の2つの方法があります。

未払いの債務を速やかに清算する

未払いの債務を速やかに清算することで、延滞の解消を信用情報機関に報告することができます。

信用情報機関に延滞の解消が報告されると、ブラックリストに登録されなくなります。

信用カウンセリングサービスを利用して信用情報の修復をする

信用カウンセリングサービスでは、専門家が債務整理や支払い方法の変更などのアドバイスを行い、信用情報の修復をサポートしてくれます。

楽天カード審査が厳しくなった理由

楽天カードの審査が厳しくなった理由は、カードの利用に関連するリスクを減らすためです。

最近、不正利用やデフォルトのリスクが増加しており、楽天カードは、審査プロセスを強化してこれらのリスクを減らす努力をしています。

具体的には、信用スコアと信用履歴に基づいて審査を行うことで、カード利用者の支払い能力をより正確に評価しています。

また、楽天カードは、カード所有者に対してより責任ある財務管理を促すことで、カードの利用に関連するリスクを管理しています。

楽天カードの審査とブラックリストの関係:まとめ

楽天カードの審査は、ブラックリストや信用情報などの要素を総合的に判断して行われます。

ブラックリストに載っている場合でも、必ず審査に落ちるわけではありません。

しかし、信用情報は金融活動に大きな影響を与えるため、ブラックリストに載っている場合は、早めに対策を講じることが大切です。

この記事で紹介した知識を参考にして、楽天カードの審査について理解を深めてください。

また、ブラックリストに載っている場合は、信用情報の修復や、延滞の解決策を検討してください。

【関連記事】

【朗報】ブラックでも楽天カードを作れた事例あり【案外、審査に通ります】

【楽天カード】強制解約とブラックリストの関係:信用情報が悪化する原因と回避策

楽天カード審査落ちの原因と対処方法:他のカードの選び方を徹底解説

コメント