PR

楽天カードの督促ハガキはいつ届く?:到着時期とその後の対応策を徹底解説

楽天カード

楽天カードを使っている人なら、誰でも一度は経験するかもしれないのが支払い遅れです。支払い遅れが続くと、督促ハガキが届いたり、利用制限がかかったりと、さまざまな影響が出てきます。

この記事では、楽天カードの督促ハガキがいつ届くのか、それに伴う対処法や再引き落としの方法について詳しく解説します。

この記事を読むことで、楽天カードの支払い遅れに関する知識を身につけることができます。また、万が一支払い遅れが発生した場合でも、冷静に対処することができるようになります。

ぜひ最後まで、読み進めてください。

楽天カード:督促ハガキの届くタイミングと対応策

  • 楽天カードの督促ハガキは、いつ届く?
  • 督促ハガキを受け取った後の対応方法
  • 楽天カードの遅延支払いに伴う利用制限
  • 督促状と督促ハガキの違いとは?

楽天カードの督促ハガキは、いつ届く?

楽天カードの督促ハガキは、支払い日の翌日から数日以内に届きます。

具体的には、支払い日の翌日から5営業日以内に、楽天カードのカスタマーセンターから督促ハガキが作成されます。その後、郵便局に届き、通常は翌日もしくは翌々日にご自宅に届きます。

なお、支払い日の翌日に再引き落としが実施される場合もありますが、それでも支払いがなかった場合には、督促ハガキが届きます。

督促ハガキには、以下の情報が記載されています。

  • 利用代金の金額
  • 遅延損害金の金額
  • 支払期限
  • 支払方法

督促ハガキが届いた場合は、速やかに支払いを行う必要があります。

支払いを行わないと、遅延損害金がさらに膨らむだけでなく、利用停止や強制解約などの措置が取られる可能性があります。

督促ハガキを受け取った後の対応方法

楽天カードの督促ハガキを受け取った場合、以下の2つの対応が重要です。

  • 遅延した分はできる限り早く全額を支払う
  • 支払いが困難な場合は、支払い計画を提案する

具体的に説明します。

1. 遅延した分はできる限り早く全額を支払う

督促ハガキには、遅延した分の金額と支払期日が記載されています。この期日までに全額を支払うことで、遅延損害金や延滞金などの追加費用を抑えることができます。

支払い方法は、ATMやインターネットバンキング、コンビニ払いなど、楽天カードのホームページで確認できます。

2. 支払いが困難な場合は、支払い計画を提案する

急な出費や失業などの理由で、支払いが困難な場合は、楽天カードのカスタマーサービスに連絡して、支払い計画を提案しましょう。

支払い計画は、無理のない範囲で、分割払いやリボ払いなどの方法を検討することができます。

楽天カードの遅延支払いに伴う利用制限

楽天カードの遅延支払いに伴う利用制限は、以下の3段階に分けられます。

利用停止

楽天カードの支払いが遅れると、まずは利用停止となります。利用停止になると、カードは利用できなくなり、残高照会やキャッシングもできません。

利用停止のタイミングは、支払い日の翌日から最短2営業日後とされています。

強制解約

利用停止から3ヶ月以内に支払いが確認できない場合、強制解約となります。強制解約になると、カードを再び利用することはできません。

また、強制解約されたカードは、信用情報機関に事故情報が登録されるため、他のクレジットカードやローンの審査に通りにくくなる可能性があります。

信用情報機関への事故情報登録

支払いが遅れると、信用情報機関に事故情報が登録されます。

事故情報は、クレジットカードやローンの利用状況を記録する機関で、金融機関は、この事故情報に基づいて審査を行う場合があります。

督促状と督促ハガキの違いとは?

督促ハガキには、法的拘束力はありません。一方、督促状には、法的拘束力があります。そのため、督促状を受け取った場合、速やかに支払いを済ませることが重要です。

以下に、督促ハガキと督促状の違いを、表にまとめました。

項目 督促ハガキ 督促状
郵送方法 普通郵便 配達証明付きの内容証明郵便
内容 支払いの遅れを知らせるだけ 支払いの遅れを催促し、法的措置の可能性を含む
法的拘束力 なし あり

督促状を受け取った場合、速やかに支払いを済ませることが重要です。支払えない場合は、すぐに相手に連絡して、支払い方法や期限について相談しましょう。

楽天カードの支払い遅れの影響と対処法

  • 楽天カードの支払い遅れ:どんな連絡が来る?
  • 楽天カードの滞納がクレジットスコアに与える影響
  • コンビニでの楽天カード支払い遅れの対処法
  • 楽天カードの再引き落としのタイミングと方法

楽天カードの支払い遅れ:どんな連絡が来る?

楽天カードの支払い期日を過ぎると、翌月10日までに督促ハガキが送付されます。

督促ハガキを受け取ったら、すぐに支払いを完了することが重要です。支払いが遅れると、遅延損害金が発生するだけでなく、信用情報機関に事故情報が登録される可能性があります。

督促ハガキを受け取っても、支払いを行わなかった場合、翌月20日頃に督促状が送付されます。

督促状を受け取っても支払いを完了しない場合は、法的措置が取られる可能性があります。

支払いが遅れそうな場合は、早めに楽天カードに連絡して、支払い方法の相談や分割払いの申し込みなどを行うことをおすすめします。

楽天カードの滞納がクレジットスコアに与える影響

楽天カードの滞納がクレジットスコアに与える影響は、大きく分けて以下の3つです。

  1. 返済遅延記録が残る
  2. クレジットスコアが下がる
  3. 新たなローンやクレジットカードの審査に通りにくくなる

順に説明します。

1. 返済遅延記録が残る

楽天カードの支払いを遅延すると、信用情報機関に返済遅延記録が残ります。この記録は、支払い日から6か月間残ります。

2. クレジットスコアが下がる

クレジットスコアは、クレジットカードの利用履歴や返済状況などから算出される数値です。返済遅延記録があると、クレジットスコアが下がります。

クレジットスコアが下がると、新たなローンやクレジットカードの審査に通りにくくなります。また、審査に通ったとしても、金利が高くなる可能性があります。

3. 新たなローンやクレジットカードの審査に通りにくくなる

クレジットスコアが下がると、新たなローンやクレジットカードの審査に通りにくくなります。審査では、クレジットスコアが重要な判断材料となります。

また、審査に通ったとしても、金利が高くなる可能性があります。これは、滞納リスクが高いと判断されるためです。

コンビニでの楽天カード支払い遅れの対処法

支払い遅れを解消するためには、コンビニでの支払いも選択肢の一つです。

多くのコンビニでは楽天カードの支払いが可能で、督促ハガキに記載されているバーコードを利用して支払いを行うことができます。

コンビニでの支払いは簡単で便利な方法であり、速やかに未払いの問題を解決することができます。

楽天カードの再引き落としのタイミングと方法

再引き落としは通常、初回の引き落とし失敗から約1ヶ月後に行われます。

再引き落としの前に、口座に十分な資金があることを確認し、必要であれば楽天カードカスタマーサービスに連絡して、再引き落としのタイミングを確認することが重要です。

楽天カードの督促ハガキは、いつ届くのか:まとめ

楽天カードの支払い遅れは、督促ハガキが届いたり、利用制限がかかったり、さらにはクレジットスコアが下がったりといった影響が出る可能性があります。

支払が遅れても適切な対処法を知り、早期に対応することで、問題を最小限に抑えることができます。

この記事では、楽天カードの支払い遅れに関する情報を、分かりやすく解説しました。

万が一、支払い遅れが生じた場合は、早急に楽天カードに連絡し、適切な対処をしましょう。

そして、今後は支払いが遅れないように、計画的に利用するように心がけましょう。

【関連記事】

楽天カードの繰り上げ返済:メリットとデメリットを徹底解説

「楽天カードの利用可能額が回復しない…」賢く安全にカードを活用する方法

楽天カードの審査が「ガバガバ」という噂の真相:申込みの成功秘訣と避けたい落とし穴

コメント