PR

【楽天カード&楽天ANAカード】2枚持ちのメリットとデメリット徹底解説

楽天カード

楽天カードと楽天ANAカードは、どちらも多くの方に利用されている人気のクレジットカードです。それぞれのカードには独自のメリットがあり、日常生活や旅行で役立てることができます。

この2枚のカードは、実は2枚持ちすることでさらなるポイント獲得やマイルの最適活用が可能になります。

この記事では、2枚持ちの魅力と、それに伴うデメリットや注意点、ポイントやマイルの効率的な貯め方について解説します。

楽天カードと楽天ANAカードの2枚持ちを検討している方、これからポイントやマイルを積極的に貯めたいと考えている方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

楽天カードと楽天ANAカード2枚持ちの完全ガイド:メリット・デメリット一覧

  • 楽天カードと楽天ANAカードの2枚持ちは可能?
  • 楽天ANAマイレージクラブカードと楽天カードの2枚持ちのメリット
  • 2枚持ちに隠されたリスク:デメリットを徹底解説
  • 楽天ANAカードの持つ独自のデメリットと注意点

楽天カードと楽天ANAカードの2枚持ちは可能?

楽天カードと楽天ANAマイレージクラブカードの2枚持ちは可能です。

楽天カードと楽天ANAマイレージクラブカードは、それぞれ異なるサービスや特典を提供するクレジットカードです。そのため、2枚持ちすることで、それぞれのメリットを享受することができます。

楽天カードは、楽天市場や楽天トラベルなど、楽天グループのサービスを利用する際にポイントが貯まりやすいクレジットカードです。一方、楽天ANAマイレージクラブカードは、ANAマイルを貯めやすくできるクレジットカードです。

2枚持ちすることで、楽天カードで楽天ポイントを貯めながら、楽天ANAマイレージクラブカードでANAマイルを貯めることができます。

楽天ANAマイレージクラブカードと楽天カードの2枚持ちのメリット

楽天ANAマイレージクラブカードと楽天カードの2枚持ちは、ANAマイルを効率的に貯めることができるメリットがあります。

また、楽天ポイントも貯まるため、家計を節約しながら旅行を楽しむことができます。

2枚持ちのメリットを詳しく解説します。

1. 楽天ポイントとANAマイルをダブルで貯められる

楽天ANAマイレージクラブカードは、楽天カードとANAマイレージクラブの両方の機能が搭載されています。そのため、楽天カードで買い物をすると、楽天ポイントとANAマイルの両方が貯まるのです。

楽天カードの通常還元率は1%ですが、楽天市場や楽天トラベルなどの楽天グループのサービスを利用する場合は、最大3%の還元率になります。

また、楽天ANAマイレージクラブカードは、ANAマイルの還元率が1%と高く設定されています。

つまり、楽天ANAマイレージクラブカードと楽天カードの2枚持ちをすることで、楽天ポイントとANAマイルの両方を効率的に貯めることができるのです。

2. 楽天カードの付帯サービスも利用できる

楽天カードには、旅行保険やショッピング保険などの付帯サービスが充実しています。楽天ANAマイレージクラブカードでも、楽天カードの付帯サービスは利用可能です。

そのため、2枚持ちをすることで、より安心して買い物や旅行を楽しむことができます。

3. 楽天ポイントをANAマイルに交換できる

楽天ポイントは、1ポイント=1マイルのレートでANAマイルに交換できます。

楽天カードで貯めた楽天ポイントをANAマイルに交換することで、ANAの特典航空券やツアーを安く利用することができます。

4. 楽天ANAマイレージクラブプレミアムへのアップグレードが有利になる

楽天ANAマイレージクラブプレミアムとは、ANAマイルをより効率的に貯めることができる会員制度です。楽天ANAマイレージクラブプレミアムへのアップグレードには、ANAマイルの積算条件があります。

楽天ANAマイレージクラブカードと楽天カードの2枚持ちをすることで、ANAマイルの積算量を増やすことができます。

そのため、楽天ANAマイレージクラブプレミアムへのアップグレードが有利になるでしょう。

2枚持ちに隠されたリスク:デメリットを徹底解説

クレジットカードを2枚持ちするメリットは、利用シーンや特典に合わせて使い分けられることや、万が一の紛失や盗難に備えられることなどが挙げられます。

しかし、2枚持ちにはデメリットもあることを知っておく必要があります。

ここでは、クレジットカードの2枚持ちの具体的なデメリットを解説します。

1. 利用額やポイントの管理が面倒になる

クレジットカードを2枚持ちすると、利用額やポイントの管理が面倒になります。2枚のカードそれぞれで利用した金額やポイントを把握し、毎月の支払いをきちんと行う必要があります。

特に、ポイントを貯めている場合、2枚のカードのポイントを合算して計算するのが面倒になる可能性があります。また、ポイントの有効期限に気づかず失効してしまうリスクもあります。

2. 盗難・紛失のリスクが高まる

クレジットカードを2枚持ちすると、盗難・紛失のリスクが高まります。

2枚のカードそれぞれに暗証番号を設定する必要がありますが、暗証番号を忘れてしまったり、複数のカードに同じ暗証番号を設定したりすると、不正利用のリスクが高まります。

また、2枚のカードが同じ場所に保管されていると、まとめて盗難・紛失してしまう可能性もあります。

3. 審査に影響が出る可能性がある

複数のクレジットカードを保有していると、審査に影響が出る可能性があります。

クレジットカード会社は、利用者の返済能力を審査する際に、他社からの借入状況や信用情報なども確認します。

複数のクレジットカードを保有していると、他社からの借入状況が過剰に見える可能性があるため、審査に通りにくくなる可能性があります。

楽天ANAカードの持つ独自のデメリットと注意点

楽天ANAカードは、楽天カードとANAマイレージクラブのサービスを融合させたクレジットカードです。

しかし、楽天ANAカードには、楽天カードと比べて独自のデメリットや注意点もあります。

ここでは、それらについて詳しく解説します。

1. 年会費がかかる

年会費は初年度無料、2年目以降も550円(税込)で、日常の買い物でANAマイルを貯めることができます。

※2年目以降は、年1回以上のご利用で550円(税込み)が無料になります。

2. ラウンジサービスがない

楽天ANAカードは、ANAラウンジを無料で利用できるサービスがありません。

ANAラウンジを利用する場合は、ANAプレミアムカードやANAゴールドカードなどの上位カードに申し込む必要があります。

楽天カードと楽天ANAカード2枚持ちの秘訣:ポイント・マイルの最適活用ガイド

  • 楽天ポイントとANAマイルの効率的な貯め方
  • 楽天ANAマイレージクラブカードの魅力と独自の特徴
  • 楽天カードと楽天ANAカードでのポイント取得・利用方法
  • ANAマイルと楽天スーパーポイントの有効活用方法

楽天ポイントとANAマイルの効率的な貯め方

楽天カードと楽天anaカードを組み合わせることで、最大限の楽天ポイントとANAマイルを効率よく貯めることが可能です。

楽天カードと楽天ANAマイレージクラブカードの2枚持ちは、楽天ポイントとANAマイルを効率的に貯める最強の組み合わせです。

楽天カードで楽天ポイントを貯め、楽天ANAマイレージクラブカードでANAマイルを貯めることで、ポイントとマイルの二重取りが可能になります。

楽天カードをメインカードとして使い、楽天ポイントを貯める

楽天カードをメインカードとして使うことで、楽天市場での買い物や公共料金の支払いなどで楽天ポイントを効率的に貯めることができます。

楽天カードの楽天ポイント還元率は、カードの種類や利用シーンによって異なりますが、一般カードでも1%以上の還元率が期待できます。

楽天ANAマイレージクラブカードをサブカードとして使い、ANAマイルを貯める

楽天ANAマイレージクラブカードをサブカードとして使うことで、ANAマイルを効率的に貯めることができます。

楽天ANAマイレージクラブカードのANAマイル還元率は、カードの種類や利用シーンによって異なりますが、一般カードでも1%以上の還元率が期待できます。

楽天ANAマイレージクラブカードの魅力と独自の特徴

楽天ANAマイレージクラブカードは、楽天ポイントとANAマイルの2種類のポイントを貯めることができ、お得にANAの航空券や商品を購入できるクレジットカードです。

入会特典も充実しているので、ANAマイルを貯めたい方や楽天ポイントを活用したい方におすすめです。

特に、楽天トラベルを利用してANAの航空券を購入する場合、楽天ポイントやANAマイルの二重取りができます。

ANAマイルと楽天スーパーポイントの有効活用方法

楽天ポイントをANAマイルに交換して、航空券やホテルなどの旅行費用に利用するのがおすすめです。楽天ポイントは、楽天グループのサービスを利用することで貯めることができます。

楽天ポイントをANAマイルに交換することで、楽天ポイントを旅行費用に利用することができます。

楽天ポイントは、楽天グループのサービスを利用することで貯めることができ、楽天カードの利用で効率的に貯めることができます。

また、ANAマイルの有効期限は3年間なので、期限内に使い切るようにしましょう。

楽天カードと楽天ANAカードの2枚持ちの解説:まとめ

楽天カードと楽天ANAカードの2枚持ちは、ポイントやマイルの効率的な貯め方を実現する上で、非常に有効な手段です。

しかし、デメリットや注意点もありますので、十分に理解した上で活用することが大切です。

この記事では、2枚持ちのメリットやデメリット、ポイントやマイルの効率的な貯め方について解説しました。ぜひこの記事を参考にして、あなたに合ったカードの活用方法を見つけてください。

ポイントやマイルを効率的に貯めることで、よりお得に生活や旅行を楽しむことができますよ。

【関連記事】

楽天カードを郵便局で受け取りたい方へ:手続きからメリットまで完全解説

楽天カードの限度額が上がらない理由:増枠条件と効果的な対処法まとめ

楽天カードの繰り上げ返済:メリットとデメリットを徹底解説

【楽天カード】リボ払いになってないか確認:リボ払い設定と管理の完全ガイド

コメント